2017年 6月 の投稿一覧

新たな商品は / 自律神経の復調

「この話の続きは課金制です。」

17.06.03(土)【GSA】パーソナルトレーニング(加圧0.5h):上田さん
なんなんすかそれ。………………いくらですか。

「200円です。この絶妙な価格設定!」

自分で言わないでください!

「僕はお金が大好きなんです! 世の中にあるものすべてお金にしか見えません!」

知ってますが!!

「久禮さんのこと裏でなんて言ってるか知ってますか? 太客です!」

やかましいわ!!! 裏で言えや!!!
だいたいなんで”気持ち悪い”だの”怖い”だの予告されてる話に200円払わないといけないんですか!!

…………

ほんとに気持ち悪いしッ!?

「この続きは100円です。」

なんなんすかそのぼったくり!! 刻みますか、そこで!?!?

「じゃぁ月額1000円でいいです。」

なんで値上がりした上に定額制契約にすり替わってんですか、おかしーでしょッ!!!!

しかも結末後に追加で提示されたオプション500円がどうにもそそられる。提示するほうも頭おかしければ、本気で乗るほうも頭おかしい。
腹筋しながらガチで思案。さて、どうなるかな? 有言実行を期待。

スクワット中に検分される。

「いい感じですね。代謝機能が少しずつ正常に近づいています。自律神経が整ってきましたね。」

ん? どのへんで判断されたんですか?

「汗をかく量が以前ほどではなくなりましたよね?」

あー……かきますが。そう、かな……そう、かも? 自覚薄いが……
あ、でもそうだったな。異常な汗かきが功を奏して聞けた雑談があったな、と思い出した。あのときに比べれば。

そこから交感神経・副交感神経の話。その調節。
車に例えられ、イメージがついた。日々の生活、営みを、制限速度が頻繁に変わる道路に見立て、身体を車に見立てる。
世の中には速度の目盛りが1km/h単位で小刻みな人もいれば、20km/h単位の雑な人もいる。つまり、“緊張すべきとき”と“リラックスすべきとき”の判断が雑、もしくは誤作動。
また、アクセルと車の連結がおかしい人もいる。踏んでも狙った通りの速度が出ない。つまり“マズい、戦闘態勢になろう!”てときに弛緩して能力発揮できなかったり、“今は問題ないからゆったりしよう”てときに緊張して無駄に疲労する。
目盛りが細かい方が、そして連結がスムーズな方が生きていくのは遙かに楽だ。逆は無駄にハードモード。

私の場合は目盛りも連結もどちらもイカれていたのが、少しずつ正常に戻ってきている、と。なんとなく、納得。

なんですかね……トレーニングと栄養と、両方が効いた?

「そうですね、両方です。特に、トレーニングです。
“こんな勢いで汗かいてたら、体温調節おかしくて死ぬ!!”と身体に教えないといけません。
身体は、ストレスをかけないと変わらないんですよ。楽をしているとそのままでいいや、となる。」

あ、わかるな……身体だけじゃないかも。人間そうですよね。
“困らないと、変わらない”。

「なおかつ、1度や2度のトレーニングでは変わらない。
年単位でやらないと変われないんです。
やってきたことが、実を結んでるんですよ。」

なるほど。
……それは、嬉しい、な。
まだまだだけど、少しは人間っぽくなってきたんすかね……

ちょうど今日、”じわじわと、変わるものなんだな……”としみじみ実感していたことがある。
この私が、”夕べ食べ過ぎた、今日は食べたくないな……”と1食も食べないままここに来た。内臓の様子を鑑み、プロテインすら、摂ってない。カタボリック承知で摂らなかった。筋肉より、脳みその変化と内臓優先。何せ、私には画期的すぎる。

これまで意図的に、”食べたいけど食べない”はやったことある。”食べたくないけど食べたい”で食べたことはしょっちゅう。
“食べたくないから食べない”は、初めてなのだ。そして過去の教えを照らし合わせるに、そのほうが代謝機能は回復して、結局は身体のためになる。つまり、それが出来なかったから、私の代謝機能はおかしかったし、自律神経もますます狂った。悪循環のスパイラル。

それも、私には必要なことだったけど。遺伝も大きかったし、そこまでしないと生きられないときがあった。そこまでしても生きていたかった浅ましい自分はとても大好きだ。
そしてそろそろ、楽になっていいとこまで来れたんだ。栄養の座学はがんばってきた自分に与えられた、飛び切りぴかぴかのご褒美な果実。あの状態を味わってきたから、果実の価値が身にしみてわかる。

栄養の座学を受けて食事は即座に変えた。基本の食事はすぐに定着したけど、ときどき無性に焼いた甘い小麦粉を欲する衝動が湧き起こるのだけはどうにも収まらなかった。
空いた穴を焼いた甘い小麦粉で埋めるように紛らわせていたのが、甘くてももう少しヘルシーなモノや、果物、もしくはお肉で代替可能になる場合が少しずつ増えた。
加えて、今日のように前後の食事でバランスを取れるケースも。
そして、前なら手が伸びただろな、と思うときにそもそも伸びなかったり。衝動自体が減った。

たぶん、栄養よくして、神経回路を整えて、少しずつ変わってきたんだろう。私にはズバンと断ち切るように変えられるとこと、ゆっくりじわじわとしか変えられないとこと両方あった。
いろんな変化の仕方があるものだ……ちゃんと、変わるんだな。

説明を聞いて腑に落ちたことがある。
汗だけじゃない。そもそもの感覚や感情もだ。
特にリラックスすべきときにリラックスできないケースは多かった。そのせいで怒りや哀しみや不安が暴発すること、多かったよな。
そう考えるとずいぶん、生きやすくなったもんだ。
で、まだまだこれからだろうな。まだ浮腫はヒドい。衝動はまだ湧き起こる。平均よりまだ高めだろう。
てことは、もっと生きやすくなることだろう。
そうなった私は、何を為せるかな?

衝動と感情に振り回され続け、必死に抑圧してきた。今の速度がよくわからないままアクセルもブレーキもべた踏みするような日々。
それが、速度計が適切に現状を知らせてくれ、アクセルが狙うとおりに身体を動かしてくれ……ブレーキを必要なときだけ踏めば済むようになったら。暴走が減り、ベタ踏みが減り、そのエネルギーが不要になったら。

それをもっと好きなこと、大切なことに使えるようになったら?

それこそが真の、本当のご褒美。
……楽しみだなぁ。

[Facebook記事]

戦友

粘り勝ち。
ちなみにこの記事は全部スマフォから、帰りの車中で6~7割を書いてます。
システムより書く方が向いてるんすかね……

17.06.02(金)高田馬場の焼き鳥屋さん
続きを読む