無意識に働きかける魔術師が説く、先天的・後天的資質の磨き方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

表参道の人の多さ……orz

17.04.15(土)【表参道】リラクワさん:三原さん
月1のお楽しみ、このタイミングで!!
明日のRIZIN、盛一郎さんのセコンドで行かれるのですね!! 数日前にこちらに盛一郎さんがいらしてた写真も、拝見しましたー……精悍な顔立ちが、試合前だなぁとひしひしと感じさせられました。
なんて話からRIZINのお話。そして格闘技してる人のお話。

盛一郎さんは”強い””弱い”って概念から離れているって話にすごく納得。天性ですよね。
強いとか弱いとか関係なくごく自然にやっている。
幼い子がそのまま大きくなったような、という三原さんの言葉に頷く。そうなのだ、幼い子が、わーーーー!!!って走り回って遊ぶのに理由なんてないのだ。心の赴くままにただやってるだけ。ごく自然に、楽しく。
それでいて、年齢相応か、それ以上の思慮深さ。すごく気配りの人だし、人をひとりひとり見て、その人に必要なものをちゃんと把握してすっと出してくださる……こういう言い方は失礼だが、すごく勘がよくてめたくそ頭がいい。
なんていうのかな……二元論が一切いらない方だ。”清濁併せ呑む”ってあるけど、盛一郎さんの場合は”清”も”濁”も区別がない。ただそこにあるものとして、なんの力みもなくとらえる方だよなぁ……あ、唯一ある二元論は”好き”と”嫌い”だと思う。

やることなすこと、自然体の方だよなぁ……まごうことなき光輝くヒーローだ。
先天的な資質と、後天的なもろもろがとてもきれいに組み合わさった方。
盛一郎さんはそんな感じだよねぇ……

先天的資質と、後天的もろもろがうまく組み合わさらないとあまりいい結果を生み出さない、ってお話。
社会経験はやはり積んだほうがいい。確かに。人に応援される人、憧れ信頼される人でないと、上に行くには厳しい。さらにその先、引退後も続く人生を思えば。
格闘家の方々は素敵な方ばかりだ。何かひとつに打ち込める、己の心身を自分の責任範囲で磨き上げるってのは、真摯で誠実な行動だ。ただそれも、ボタンをひとつかけ間違えると、大きくずれる。
三原さんのお話を聞いてたら、私もいい年したオトナなんだよな、とちょっと反省した。拙くて格闘技する人としては……だけど、下手するともうお若い方々は息子・娘の年齢だ。親の年代として、何かを示したり注意を促すことはできるのだし、自分自身もそうあらねば説得力がないんだよな、と思った。
私はちゃんと、娘に恥じない振る舞いをできているか?
リアルな尺度だよな、と改めて思う。品行方正は無理で、いつまでもオトナになりきれない、すぐムキになる失敗ばかりの人間だが。そういう人間として、それでも何かを示せたら。

必要なのは、”知る”こと。いろんな世界を見て、見分を広げて。行動や判断する際の自分の中にある物差しを築き上げること。
それと、自分の周囲にどんな人たちがいるか……どんな環境を構築するか。それもまた、自分の責任の範疇なのだろなぁ。
向上心を健全に持て、ゴキゲンで居られる環境をどう作るか。
環境や状況に不満をこぼすのは簡単だが、ならば変えればいい。もしくは、去ればいい。
それができる自分になることが、必要なのだろなぁー……

って意味ではまず、”内面は外見に表れる”ってほんとですよね、ってお話。環境、条件の第一歩は、自分自身だ。
どの服を着るか、どんなふうに毛並みを整えるか。どんな表情をすることを選ぶか。
どんな筋肉を身にまとうか。脂肪は?
なりたい自分を明確に描いてそれになる努力をするのか、それとも放置するのか。
なりたい自分は、どんなふうに描くのか。
そういうのの集合体が、外見ですもんね。

「ほんとそうですよ。」

と三原さんにも心から同意頂き頷くが、次の瞬間にふきだしそうになる。
外見をこうしていともたやすく変える手業をお持ちの方に施術中に言われてるどうしよう。
なんて話をしてると、三原さんのアプローチの仕方をうかがえた。無意識に働きかけるのが得意だ、と。同業の組まれている方は表層意識にあげるほうが得意なので組み合わせてうまくやれているのだ、なんてお話も。
へぇぇー……詳細はぴんと来ないが、自分の業務と重ねるとわかる気がする。一般的に『システム屋』で括られるが、中身はすげー細かい分野に分かれてるのだ。得意・不得意ありまくりで棲み分けされてる。もちろん複数分野に強い人は多い。私? 聞かないで。
なので、同じ『システム屋』で括られる人同士で食い合うってことは本来は、そうないよな。協力しあわねば出来ないことだらけ。同じことは言えるのだろうなぁ、トレーナーさん、施術する方々にも。無意識と表層意識……それがまだよくわからないけど。

ああ、そうか、無意識か。これがそれを指すのかよくわからないが。

前回、PMSのお話を濃くして頂いて、そうだろなーと思いましたが効果にびっくりしました!
お食事中の方はごめんなさい……

便秘が治りました! 私、もともと便秘じゃないと思ってましたが、便秘でしたね!
毎食後にきれーーーに出ます!! ところてんか!?ってくらい! 引きます!! さすがにもうちょい間をおいてくれないか、と自分の内臓に正座して懇々と問いたくなる瞬間があります。
で、PMSが前よりも軽かったのです。甘いものをクリーチャー並みに欲する欲動がずいぶん減りました。そのぶん、いつもより精神状態がよくなった気がします。

「よかったです。」

といつもの微笑みで施術は進む。
私には奇跡でも、三原さんにとっては当然の帰結、予定・計算通りなのだろうなぁ。凄いや。外からさすったり力を入れるだけで、内臓に何かが届いてるんだよな……
その技はご自身の心身構築にもいかんなく発揮されている。実はすげーマッチョ。以前は横浜のジムでドーピング言われてたというのも頷く。身体に詳しいってのは、何をするにも強みだな。

そんなあれこれも、三原さんの8歳(!)からの積み重ねと聞くと、先天的な資質と後天的なもろもろの組み合わせの妙を改めて実感せずにはいられない。
ただたぶん……多少ずれたところで、あとから軌道修正はいくらでも可能なのだと思う。もしくは、その軌道のズレすらも必要なものだったか。
私には、あのズレは必要だったな、と思う。

身体がとても気持ちよく軽くなった。ほんと、生まれ変わったみたいだ。
最後に2つ、おススメのトレーニングを教えていただいた。姿勢の崩れは足元の土台からきている、と。なるほどだ。
それなりに筋肉もついてきた。身体も柔らかめ。でも、このトレーニングはきつい。つまりこの個所は衰えているんだなぁ……なるほどだ。コツコツやろ。

さてーー! この身体でまたトレーニング楽しむぞぉーーーー! 頻度減ってるからめっちゃ楽しみなのだ……

[Facebook記事]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。