“しあわせの概念”の変化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今日は悪くない、と思うんだけど。

17.04.30(日)心理学
いつもお茶菓子をお持ちしている。……というと聞こえがいいが、要は自分が食べたいものなんだけど。
今日はお気に入りのフルーツヨーグルトと、妙に美味しそうだった焼き芋を。ちょっと多め。

すると師匠が

「よかったら食べます? 食べないんですっけ?」

とご自身のお食事に買われていたコンビニパスタを示された。
コンビニパスタ、か……パスタ。
食べないんだけど、少しいただいて食べた。

もともと”茹でた小麦粉”属性はない。やはり”焼いた小麦粉”属性だ。米属性もあるが、最近は減ってきた。

「なるほど。”白”系統と”茶”系統ですね。どちらも同じ意味合いです。それは……」

と続いた言葉に目を閉じる。なるほど。

「そのときに求めるモノも、なぜか同じなのです。それは……」

なるほど……いっそ見事なまでの、投影だ。よく出来てるな?
いろいろな出来事が重なり、腑に落ちた。課題は回る。

今でも、精神的に詰むと、焼いた甘い小麦粉に手が伸びる。もしくはチョコレート。
それが少しずつ、回数が減り、消費量が減り、肉か果物で収まる時が増え、だんだんと回数が減るのかな、と感じている。
この数週間は数か月ぶりにずいぶん食べて、それを実感した。緩やかに変わるのだろう。時間が必要な場合もある、か……

ただ不思議で……できすぎたタイミングで救われた出逢いがあり、得たいくつかのキーワードを使ったら世界が違う様相を呈して見えた。ようやくそれで、少し正気に返れたような。
そして振り返ると、あの狂い方があまりに理に適ってないことに気づく。何かを無意識に察知して、必要な不具合を起こしたような、よくできたストーリーにしか見えない。

あそこで狂ったからこそ、見えてきたものがあった。
“しあわせの概念”が少し変わった……ような気がする。まだ脳内を書き換え中の感触はあるけれど、おそらく……私史上最大レベルのエポックメイキング。
師匠がノーコメントだったことを思うと、たぶんその感覚はいい線行ってる。
ただ、あれは……”穏やかな生活を過ごすため”には”しあわせの概念を変える必要がある”だったんだけど、結局は”前以上に刺激的なルート”を”心穏やかに選択する”んじゃないかという気がしてならない。ま、自分が納得いくなら、なんでもいいんだけど。

師匠が先日、”自分をそこまで好きじゃない”と発言した際のエピソードを聞かせてくださる。師匠の発言は”病的なほどの自己愛を抱けない”というニュアンスだった、ようだが。
その言葉を聞いたときに、それぞれの自己認識があぶりだされるようだ。
ある方は『師匠がご自身のことを嫌いだなんてショック!!』と受け取ったらしい。
ある方は……なんだったかな。忘れた。
んで総括して師匠が言ったのは

「”好き”と”自信”は違いますよね。」

で、私にはよくわからなかった。

「単に”好き”なだけでいいんじゃないですかね。」

はぁ……。???
そもそも”自信”がよくわかってないかもしれないですねぇ。
……”好き”も、”気持ち悪い好き”とか”醜い好き”とかありません?

「ええ?」

あれ、なんか違う?
少し話を進めると

「ああ、”依存や執着が混ざった愛”を指してるのですね。」

と言われる。あー……????
“好き”と”愛”の違いってなんですかねぇ??

……ああ、今月も欠陥人間っぷりを露呈しているなぁ……

あ、えーとでも、前回教えていただいた手順はわかりましたよ!

「手順?」

自分で自分を愛する手順です!!

その言い回しはとてもよろしくなかったようで、一瞬、師匠に凄まじく睨みつけられた……(´;ω;`)コワカッタ

欠陥……『”愛”って単語を安易に使う人間にロクな人間はいない』って脳内に処理プログラムがあるんだろな。
ので、理解しようとするそばから、理解したくなくてぽいぽい投げ捨てている気はする。
そんな百人百様の単語を使わずに表現や相互理解ができないモノかと。言葉なんて、ウソをつくのは簡単で、ほんとのことはわからないから。
……と自説に固執すると、学びも成長も、ないのかなぁ orz

最後にレイキ。途中で落ちた。
師匠曰く

「今までで一番、滞ってる場所がなかった」

とのことなので、自己認識と合致した。経済に例えるなら、負債がデカかろうが現在進行形で多少増えてようが、それを圧倒的な物量で上回る収入があれば負債は増えないし返せる。負債をあそこまで抱えてここまで戻せたのは、それだけのポテンシャルがある証。だから問題などどこにもないな。
課題はデカいし、あーあと思うことは多いけど、そう思える私はこれでよくて大丈夫なのだろうな。

[Facebook記事]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。