ヘルシオグリエたん / CHANGE!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【動画:試合解説 ZST.51 剛さん vs 上田さん 冒頭】
格闘技指導:“ZSTの体操お兄さん”上田貴央選手
動画撮影:久禮
撮影場所:GENスポーツアカデミー(略称:GSA)
上田さんに公開許可を頂きました。 皆さまありがとうございましたm(._.)m

&本日のコーディネート。上田さんが勝村さんを好きすぎる(´Д`)

17.04.01(土)【GSA】パーソナルトレーニング(加圧0.5h):上田さん
「身体がいい感じに絞れてきてますね!」

と言っていただくも、ついまた、歓送迎会シーズンで鈍化が……といらんことを言ってしまう。

「意味がわからないです。」
「後ろから羽交い締めにされて椅子にムリヤリ拘束されて鼻と口にフック引っかけられて『やめろぉーーー!』言ってるのにギリギリギリ……ギリギリギリ……ってこじ開けられて口にじょうごをツッコまれて灯油入れるときみたいにシュゴシュゴ酒をいれられるならわかりますけどね!! ちなみにシュゴシュゴやるのは交代制ですよ! 人力で疲れますからね!!」

と実演交えて力説されてめんどk……ぃゃ……
ぁー、それですそれ!! めっちゃツラかったです!

「うわーそれは大変でしたね!
動画見せられたら納得しますよ!」

言われてやっぱりめんどk……もとい、ごもっともで。
出来るようになったことは多い。2年前に比べたら今の自分は隔世の感。完全に別人だし、会社で『ストイック』言われることが増えた。私に縁のない言葉だったよな……。
でも先を見たとき、目指すところに比べたら、何してんのかなってレベル。とはいえ少しずつ模索してコツが掴めてきてるので、だんだん楽に出来ることが増える、はず。“こういうシチュエーションに弱いから気をつけて回避しよう”とか。
そういう考え方も、前は出来なかったからなぁ……少しずつ心も頭も変わってるんだろ。変わった心と頭でないと、出来ないことがあるんだと思う。螺旋階段を登るように、少しずつ。

上田さんが金に任せて新しく娶った嫁、ヘルシオグリエたんのお話。
最新の技術は凄いな。スチームによる高温調理でパンすらもふっくら柔らかに“焼きあげる”らしい。焦げ目もつく、と。スチームなのに。蒸すのと違うのか? まったく意味がわからない。
複数調理も可能で表面温度を計測して低いところにスチームを集中的にあてるなど細やかな配慮も見せるとか。いい嫁。

「グリエたんがいたらもうあとは要らないです!」
「グリエたんと一生生きていきます!」
「今日はグリエたんでバナナ焼いてハァハァするんです!!」

へー。庫内は調理中、見えるんですか? つい見ちゃいそうですね。

とうっかり口にしたとこから上田家の今晩の睦言(予定)を聞かされるハメに……

「“ぜんぶ見えちゃうよ?”とか“この角度からじゃ丸見えだよ?”とか。」

家でやってください orz

あー、真面目な話もした。

「試合に出るならまずはとにかくフィジカルです。」

ふむ。納得します。
が、フィジカルの定義ってなんですかね? 筋力と持久力……敏捷性?

「筋力と持久力と加速度ですね。」

ほぅ? 加速度……過去の座学で何度か話に上がったことがある。
しかしそれはどうやったら鍛えられるんだろ?
て話から真面目にトレーニングな話。なるほどなるほど……。
敏捷度と加速度は違います? 違うならトレーニング方法も異なります?

「敏捷度は、加速度プラス操作性ですね。」

ほぅほぅ!! おもしろい……
んー当面は、自主トレのみでも充分、強くなれるんだろな。10月末まではあんまりクラス参加に時間割けない。コツコツと隙間時間でフィジカル鍛えられたらいいな。動かないとほんと脳みそおかしくなる。

17.04.01(土)【GSA】MMAグループトレーニング部:上田さん
いつものお仲間さんが参加してくださることに。めっちゃ嬉しいっ”(*>ω<)o”クーーッ
お題は、上田さんの過去の試合の解説をお願いします! で、その中の技を実技交えつつ教えていただく。
まずは剛さん。そしてシンタさん、坂野さん、うっちーさん。
どれも、このとき何を考えてたか、をつまびらかに教えてくださるので面白くて仕方ない。
剛さんのどんなところを強く感じたか、は聞いて頷いた。そう多くは観てないが、剛さんの試合で観る動きだな。どれだけの練習の裏打ちがあるんだろ……凄いや。やっぱ、剛さんは。

シンタさんの強さも。上田さんが今でも思い出すっていう途中でやっちゃったミス。あれを誘発させたのはシンタさんの動きだったんだろな。
坂野さんの試合で前から聞いてみたかったのが、解説の剛さんが言ってる『アームロックの対処』って何を指してるのか。教えていただいて唸る。高度だー……言われないとわからなくて、見過ごしてしまう。総合格闘技をやり抜いてる人じゃないとわからないな。
うっちーさんの試合は1ラウンドから観たかったよなー。動画が短い…… ただ、上田さんの出してる鼻血見ると、うっちーさんの打撃は凄かったのだろなと想像はつく。上田さんが血を出してるとこ、この試合以外で見た記憶がないものなぁ……。第2ラウンドでもクリーンヒットしてる。
あとは上田さんがチャンピオンズに言いたい放題言われてることに笑う。剛さんに『なんか、気持ち悪いですね。』って本気で言われちゃってるのとか、盛一郎さんに『上田さんから、バク転、あんまやらないでって言われてるんで。』の“バラしちゃうんだ!?”とか。
前にも解説お願いしたことあるし2度目なんだけど、何回聞いても面白いや。1回じゃ話しきれないことがあるのだろし、私自身もすこーーーしずつ、成長してるから理解度も上がってるんだと思う。
そろそろ次のZSTも近付いてきてる。楽しみだな。どんな大会か。

17.04.01(土)【GSA】初心者MMA:上田さん
入会すぐの方が参加。前に体験いらしたときにご一緒したな。少し年配のシステム屋さん。でけぇ。

シャドウで
「ミドルに体重が乗るようになりましたね!」
と言っていただく。そうなのですか? 自分じゃよくわからない。そうなのか。
でも戻しが出来ません。
「エアーで戻しは難しいです。筋力が相当必要なので、シャドウではいいです。」
なるほど。であれば昨年の夏休みに教わったことを思い出す。むしろシャドウで意識すべきは蹴り抜くことかな。練習内容によって意識も変えねば。なんのためにこの練習をやるのか。
参加回数少ないんだから吸収効率上げたいよな。

対人練習。
デカい方に「お手柔らかに」言われて、それは違う、と思わず言う。多少私の方が経験あったとしても、男女の筋力の差、骨格の差の前には無意味だ。つか、むしろ私は中途半端によい動きが出来るが身を守る力が欠けてる分、逆に危ないのだ。
この方、ざっと軽く見ても私より肩の位置が15cmは高い。腕の長さも10cmは違うか? つまりその分、私の打撃は届かないし、上から振り下ろされるパンチは筋力差以上の破壊力を生む。筋力と骨格の小ささは、壊れやすさに比例する。

あなたにとって何気ない打撃でも、骨格の小さな女性にとって充分な脅威であることは、覚えておいてください。

と練習しながら思わずガチで言う。物理法則に照らし合わせてわかっていただけたように思う。あとは私が自分のコントロールをすることだ。この方の配慮をありがたく大切に受けつつ、この方の防衛本能を刺激せずに、どうよい練習をするか。
なんてのを初回参加の方にガチで言うのがいいのか悪いのかよくわからない。私が過敏か?とも思うのだが、だって怖いんだもん。柔らかく言ったら「またまたご謙遜を」とか真に受けてもらえなさそうな気がする。もっといい表現があるんだろうか?
と、悩みつつもいつもの方と練習しつつ思う。この方の場合、デカいのだが何をやられても怖くない。いつも笑い転げるのだが、いつもよい練習をさせていただく。そして勉強になるし楽しい。私自身もそう感じさせられる人間になりたいものだな。んー、GSAの会員さんで1番、頭を使って対人練習されてる方だと感じる。この違いは、余裕の有無なのかな。
上田さんは今日もまた。なんだこれはぁーーー!? うーん、スーパーマリオの水の面でクラゲの中ボスが居たらこんな感じだろなって動き。身体能力の高さを遺憾なく発揮したくねり具合。ほんとに骨あるんだろか? 剛さんじゃなくても『気持ち悪い』思うぞ。そしてほんと、人をイラッとさせる天才だな! 私が悔しがれば悔しがるほど実に楽しそーだ!! わかってるけど悔しいーーー。
しかしあのクラゲな動きは秀逸だ。動画撮ればよかった!! くっそぉーーー悔しいよぅーーーこれはいつか攻略したいっっ。見た目以上にクセはしっかり限定されてるはずなのだ。うまく分析できてないだけで……どーするかな……。
それにしても……なんだろな、イラッとするのに気になって目が離せないのは。天才的すぎる。なんだ、このスキルは。

終了後、いつもの方と春雨。グループトレーニング参加してくださったのが嬉しくてやりたいこととか聞いてみたかった。やはり改めてお話するのは面白い。やっぱ寝技やりたいですよねぇ……
あとから気付いた。ある事柄に対してそれぞれが感じたこと。この方は「筋トレはじめフィジカル」で私は「食事、もしくは練習量」だった。あれは綺麗に、”自分自身が強化したい or 足らないと思っている練習内容”を投影してるんじゃないかな。なるほどねぃ…… わかっちゃいたが、私はそこまで自分の食事と練習量を気にしてたのね。だったら、改善して自家製ストレスを軽減したいよなぁ……
自己認識は面白いな。意外と自分のことは自分じゃわからない。この方も1年半で相当お強くなられた感じがするのだが、ご自身じゃ半信半疑。私もそうか。
それを確かめるために、試合に出たくなるってのもあるんだろなぁ……
よりよい練習って、なんだろな? 考えて工夫するのが面白い。

果物買って、明日はお出かけ。


「勝村さんに送って下さい!」
「なんで!? だいたい、なんて送るんですか?」
「『チェンジ!!』って。」
えええええ……ひとのとこのボスを巻き込まないでくださいよ……
勝村さんは華麗にスルー。正解(*ノノ)

[Facebook記事]

SNSでもご購読できます。