カポエイラ デビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

1度書いたメモが書きあがった瞬間に消えたので、全力で調べなおしてコッテリ書き直したった。当初書いたのより、ぼりゅーみー(´Д`)

久々のCHANGEでカポエイラデビュー♪
武術な方のカポエイラ動画があまりに楽しそうでそそられた。GWはカポエイラしてみるのだ!

平日夜のCHANGEに来るっていつ以来だ。うはー。
直前のキッククラスの最後、数分に飛び込み参加。筋トレで悲鳴言わされる。うひぃー……練習量が落ちてるし鈍ってるなぁ。
久々にお会いできた幸せそうなお仲間さんの惚気話が聞けてご満悦(●´ω`●) あと、青帯姿が見られた!! 凛々しい……今週末が青帯での初試合とのこと。緊張する姿がまた眩しい。かーーーっがんばってほしいなぁっ。

教えてくださるHIROさんにもご挨拶。綺麗な女性だ。2年在籍してよーやく初めましてのご挨拶。
勝村さんから「カポエイラデビューですか!」と声を掛けて頂き、勝村さんとHIROさんのお話に耳を傾ける。
「カポエイラするつもりで来た人は続くけど、格闘技しに来てカポエイラに出てみた人は1回出て思ったよりハードだから来なくなる。」
の言葉に戦々恐々。ついていけますかね……?
なんだか上手そうな方が多いぞ……

17.04.26(水)【CHANGE】カポエイラ:HIROさん
カポエイラ用語が覚え切らん……
まずはウォーミングアップで基礎的な動きから。ジンガのステップ。おお……HAMATANIさんがリングでやってるの何度か見た……!
上半身と下半身がうまく連動してくれないが見よう見まねでなんとか。間にツーステップはさんだり、くるりと回ったり派生していく。
そして基礎の蹴り。フレンチ……前方半月蹴り、らしい。内回し蹴りに近いか? 最後に足を地面につかずそのままジンガに戻るというのがまたハードル高い。
で、フレンチをよける動き。ガードと、きっちり避けるのが大事。当てないのが前提の武術だから。なるほど。
足さばきが重要なようで、コサックダンスみたいなステップも。ひぃーー腰が浮いてしまう……これハード。
ストレッチも。下半身重点的に。カポエイラは足技がほとんどだから、なのだな。他のクラスでやったことないストレッチが多かった。しなやかで柔らかい動きが要求されるのだなぁと想像。武術の方の動きからして、納得だ。
ひさびさにやった、ブリッジ! なんとかなったけど、身体がミシミシいう気がする……これもやってこう。

それから腹筋の筋トレ。ポルトガル語?で
「11から20まで数えられるように」
とのことで、レギュラーメンバーの方々がカウントアップしていく。独特な響きだ……
もちろん私はわからないので日本語でカウントアップ。

さて練習。ジンガとフレンチと避ける動きを組み合わせて反復練習から。少しなじんだところで早速、お仲間さんと組んで対面で。組み合わると早速、演武のような動きになった。
すぐに破たんするので、相手の方に丁寧に教えていただく……(´Д`) うまく嚙み合うと私でもそれっぽい!

さらにアウー……側転も。側転ならZSTの体操お兄さん直伝だし! とはいえ、ひとりでやる分には問題ないんだけど、お仲間さんと組むとへっぴり腰になってへなちょこになる。うー…… これも、きれいに噛み合ったらめっちゃかっこいいだろうな。

カポエイラは当てないと聞いてたが、ほんと、ダンスみたいだ……向かい合っての即興ダンス。
その感覚はビンゴだったんだなーと、あとから調べて納得。黒人奴隷が、看守にばれないようダンスのふりをして修練した格闘技で、そのために踊りの練習に見せかけるために音楽の練習も入っていた……なるほどだ。

カポエイラの基本スタイルは、周囲に人垣で円陣を作り、中心で2人の人が向き合って組み手……ジョーゴをする。周囲で楽器を奏で、手拍子や歌で盛り上げる。そして次々に人が入れ代わり立ち代わりジョーゴを続ける……

後半、その中に入らせていただいた。楽器も登場したぞ……! GSAでいつもお隣のカポエィラ・テンポさんから聞こえてくるアレだな。
で、できるかな?とドキドキしたが、レギュラーメンバーの皆様がゆっくりとリードしてくださりなんとかなる。
手拍子だけでも場に加わって気分があがったが、途中から勧めていただいて鐘も叩く。うはーー参加してる感ハンパない……! やめちゃったけどウクレレやっといてよかったなー。音痴コンプレックスが少しは解消されたしリズムに乗って身体が動く。この感覚は久々だ……
皆さまの歌う歌が何とも言えず気分を高揚させる。鐘を叩く手が、手拍子を打つ手が、脳みその指示を外れて歌に乗る。なんだろな、この一体感。囲んだ円陣を中心に、上昇気流が渦巻くような。これは、いつもの格闘技練習にない感覚だ……
うまい方々はほんとうまい。あんな接近してやっちゃうんだ!? 手足の長い方々の迫力ある舞い、小柄な方々の鋭い舞い。確かにどちらも素敵だ。

『相手をリスペクトすること』
『喧嘩ではないから』
『相手とのコミュニケーション、会話を楽しむこと』

HIROさんの言葉が腑に落ちる。カポエイラは、こんな感じかぁー……
特に最後のお話は印象に残った。

「自分の蹴りには責任を持つこと。」
「相手と蹴りのタイミングが重なったら、互いに止めること。」
「つまり止められない蹴りは放たない。」
「足のつま先まで責任を持つこと。」

そうでないと、ジョーゴは成り立たないんだなぁ。確かにそうだ。
“当てる””当てない”の違いはあれど、いつもの格闘技と本質は一緒だ。
かつ、”当てない”からより、危険度が少なく、コミュニケーションを実感しやすい。これは女性に取り組みやすい格闘技だなぁ。

クラス終了。またやりたい。いつやれるかわからないけど、カリと一緒で細々と、だな。
武術な方のいつもの格闘技。遊び心あって、自由で、でも容赦なくてしなやかで。あのルーツを見れたなー。
ダンスやったら、なりたい動きに近づける気がしたけど、カポエイラでいけそうな気がする。

終了後の音楽練習にプチ参加。
見たことない楽器……ビリンバウ。シンプルな作りと素材から、生まれた背景を重ねあわせる。奴隷な方々が作ったのだろな。工夫して、たくさん。
カポエイラは’14年にユネスコによって無形文化遺産登録されたとのこと。いろんな箇所に歴史を感じる。これはいつもの格闘技に感じない感覚で、面白い。総合格闘技も、いつかはそうなるのかな。
タンバリンな楽器を叩かせて頂いた。シンプルなリズムなので身体が割とすぐ慣れた。皆さまの演奏に耳を傾ける。凄いな、この一体感。ウクレレもマンツーマンだったし格闘技も1対1だし。こんなふうに複数人で作り上げる感覚は……

言葉で表現するのは大好きだ。
けど、言葉になるときに表現しきれないことがたくさん削ぎ落とされる。
楽器を一緒に奏で、身体を揺らし、腹から高らかに歌声を張り上げ……こうして作り上げた時間と場所を共有する……
言葉から削ぎ落とされた大切な何かが溢れてる感じがする。
よいな。こういうのは。

[Facebook記事]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。