華、散らず。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ほんとに3日で治してきた……。

17.05.08(月)【GSA】パーソナルトレーニング(加圧0.5h):上田さん
『3日で治る』のLINEスタンプ。あれは瀕死の病も対象範囲だったのか。
なんと今日は10件も指導とのこと。理由を改めて聞き、そうだろなぁ……と思う。
面やつれは見受けられるし元気とまでは言えなくても、

「これでもだいぶ調子がよくなりました。」

とのことで、どんな推移だったのかを微に入り細に入り聞かせてくださる。聞いてるだけでドキドキする。
ところどころで笑いも交えてくださるが。

「生まれて初めて本当に死ぬと思いました。」

ですよね……よく、生きてたな……
それと、そんな状態でやはり冷静でもあったんだな……
シミュレーションされたそうだ。水分をムリヤリ補給したから、キャッチウェイトでなんとか、とか計量オーバーを罰金でまかなって……とか。でもどう考えたところで身体が動くはずもなく。

「これで引退かぁと思いました。」

と苦笑いされる。
そうですね……私も、大丈夫、生きてる、とムリヤリ自分を納得させるのと、それが頭をよぎるのと、なかなか脳内が忙しかったです。
ま、所詮、外野だし、考えるだけ無駄だしなぁとガッツリZSTを堪能してましたが。

身体症状と重ね合わせて栄養の座学を少々。なるほど、脱水症状回復期に回避すべきモノ、摂るべきモノ。知らんかった。勉強になる。
その状態の上田さんに“マヅい”と言わしめるモノがあったことに驚愕。初めて聞いた。あとで買ってみようと算段する。

上田さんがポロリと言う。

「誰も責めないんです……」

そうかな、と思いました。人徳ですねぇ。そして関係の方々も……
思わず笑みがこぼれる。

そして目下の悩みは無数。
やはり格闘技界のお詫びはサラリーマンとは異なるなぁ、と聞き入る。どうしても耳を傾けつつ笑みがこぼれる。

だんだんと嘆きになる。上田さんがうずくまり、頭を垂れる。ああ、見事に華麗に盛大に、ネガティブモード全開。
よいですね。嘆けるって、よいですね。思わず笑みが深くなる。

「負けることすら出来なかったんですよ。」

そうですね。

「負けることが出来るだけでも勝ちですよ、思い知りましたよ。」

そうですよねぇ。

「リングに上がることすら出来なかった。」

そうですね。
リングの上で死にかけるどころか、上がる前に死にかけましたね。なかなかない。

「写真見て、どうして自分があそこにいないんだろうと思いました。」

そうですね。
私も思いました。
“どうしてあそこに上田さんがいないんだろう?”

「この数ヶ月の彼の練習を無駄にしました。彼の時間を。」

ですね……

「自分も……」

そうですね。限りある格闘家人生の、貴重な数ヶ月を。
上田さんが垂れてた頭をがばっと上げて、キッ、とこちらを見る。

「でも格闘技やめませんよ!」

……………………!!
はい!

「あああーーでもまたミスしたらどうしようーー感染経路がわからないどうやったら防げるんだぁーーー次やったら今度こそ……」

盛大に突っ伏す。いっそ清々しいくらいに嘆きが入る。
いや、確率論的に考えれば大丈夫じゃないですか?
気休めを言いつつ思わず笑う。私はもう……

上田さんが生きてる。
総合格闘技を自ら辞める気もない。

もうそれだけで充分すぎる、私には。
だったらもう、時間の問題だ。これからしんどいだろう。大変だろう。
それでも上田さんはなんとかするから。
安心して、観察する。

上田さんの華は、まだ散らない。

[Facebook記事]

SNSでもご購読できます。