夢を見せる背中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

人が多いな。体格も経験もバラつきあるこのバラエティの豊富さがイイ。

17.06.17(土)【GSA】初心者MMA:上田さん

今日も先週に引き続きストレート、ワンツーを強く意識。”今日””先週”なんて一過性のものじゃないよな。

改めてジャブ・ストレートを自分の言葉で説明すると。
“ストレート”は相手から遠いほうの腕を真っすぐに出すパンチ。遠くて遠心力が働く分、威力が増す。
ジャブは逆に近いほうの腕を真っすぐに出すパンチ。近い分素早く出せ、牽制に使える。

“真っすぐに出す”のに”遠心力が働く”ってあたりが矛盾するように感じる。が、マススパーで

”自分のは当たらない”のに
”相手のは当たる”って経験を繰り返し。

”なんで?”と疑問を持ち。

”当たるようになってきた”
“もっと威力を出すには?”

と欲が出てさらに考え出すと、誰がやってもここに行き着く。

“格闘技は頭がよくないとできない”ってのはまさに、ひとつひとつの挙動、練習、ひいては日々の生活に至るまで、すべてにこういうのが潜んでいるからだ。

私は、格闘技するまで、こんなに考えたことがない。
“どうしたらもっと上手くなれるんだろ?”と考え、周囲を観察すると

“あ、ここも考えてるのか””ここも!?”

と驚愕する。

真似て、観察して、考えて。結果を並べて思案して。工夫をしだす。
そうすると、挙動、練習、日々の生活……
すべてが芸術的につながり、潤滑に淀みなく豊かな強弱をつけて流れ出す。
滞りをひとつひとつ解消していくと、それだけで思わぬところに派生して流れが質量ともに豊かになる。
ダイナミックな活動が生まれる。

その流れ、豊かな強弱が周囲の人々とセッションを始める。
互いの流れが影響しあい、豊かな旋律になる。
その時々によって、人のバイオリズムは異なる。自分も、相手も。

だからそのときに生まれたセッションは、そのとき限りのもの。

生でしか味わえない。儚くて、尊いもの。
となればセッションを一緒に生み出してくれた相手に、感謝と尊敬の念が溢れて湧き出る。言葉なんて、なにひとつ交わさなくとも。

さらにはこのセッションができる環境に。
用意してくれた方々、整えてくれた方々。
ひいては格闘技って概念を生み出し、形にし、受け継いでくださった、方々に。
感謝の念が、こみ上げる。

そうして自ずと、瞬間、時間を大事にしだす。
一瞬一瞬の儚さに気付き、味わうようになる。
“心持ち”、たったそれだけで生活が豊かになる。

“格闘技をやる”と、”しあわせになる”。
嘘のような、ほんとの話。エビデンスは、私自身。

加圧、筋トレはあくまで手段。
そうして鍛えた筋肉、手に入れた身体で何を為すか?

そういや身体・食事管理能力が”年収100万円”の彼らにないのは、そこだったか、と改めて気付く。
長期的に”死ぬまでかけて、これをやりたい”ってことがないのだな。
“なりたい自分”が描けず”夢がない”。

そういや私は“無収入”にあったときでも、奥底で
”こうじゃなくて””上手く描けないけど”
とドロドロ煮えたぎっていた。表現できず内に抑圧するしかなく。余計に篭った。

“格闘技”って表現を手に入れ、放出できるようになって。
ようやくなりたい自分がわかってきたよなぁ……
”なりたい自分”、すなわち、なんの抑制もない状態で現れる“ほんとの自分”。

別にそれが格闘技所以である必要はないが、私にとっての“格闘技”的な何かに、彼らが出逢えたら最高なのだろな。

それに出逢いに行く意識がないまま日々を過ごすと、自分のだろうが周囲のだろうが、時間とエネルギーをひたすらに浪費させてしまう。
ガソリンタンクに大穴空けて長距離ドライブに行くようなものなのだろう。必要なのはガソリンの補充ではなく、穴の場所を特定して、塞ぐこと。

周囲に出来るのは、ガソリンをあげることでも、代わりに修理をすることでもない。

“自分で修理するものなんだ”
“修理方法は自ら学ばないといけないんだ”
“なるべく修理不要にしないといけないんだ”
“燃費のいい走り方をしないといけないんだ”

“それを学ぶには、どうすればいい?”

と自ら気付き考え出すまで、背中で教えること。
誰しも責任持てるのは、自分の車と、選ぶ道筋だけだからね。

当たり前なのに、知らないのよ。
“無収入”の私は知らなかった。
教えてくださったのは、ときどき振り返ってくださる、無数の背中。

子どもに”夢を持て”なんて訓示を垂れる危ないオトナにはなりたくないものだ。
まずは自らが示せる人間になれないとなぁ。

”夢を持ち””叶えに行き””叶えて喜ぶ姿”を。
“夢が破れて””それでも続く人生で”
“さらに夢を叶えに行き”“叶わなくとも輝く姿”を。

ときどきで見せる、輝く笑顔と、泣き顔を。
共に喜ぶ顔々を。
あの輪の中に入りたいと思わせる、顔を。

年収を上げるのに一番必要なのは、”夢を抱くこと”かねぇ。
それが抱けたら、あとは勝手にやってけるんだろな。

まずは私自身が叶えに行って、背中見せられる人間になりにいこう。
既に夢を抱けてるお仲間さんたちと、コラボして。
要は楽しいセッションを、しまくることだけ、なんだけどね。

終了後、お仲間さんたちと遊んで喋る。
今日もバージョンアップ著しかったいつもの方が、体操用のデカクッションとUFCロゴが入った20kgのダミー人形を使って華麗な投げ技を披露するのを歓声上げつつ撮影する。あんなんできるなんて、いい身体してるよなぁー。

最近、土曜日にときどきいらっしゃるビジターの方。土曜に時々しか来れないから、会員になりたいけど躊躇してるそう。

「上田さん、いいですよね。」
「今度のSWAT!も観に行こうと思ってて。」
「メロウなアウトサイダーって感じですよね。」

その語感は書き言葉使いにとって胸キュンな響きですな……!! コーフンした。
メロウなアウトサイダー……なるほどなぁ。転がして吟味する。
そういうタイプが、お好きなんですねぇ。きっとご自身も、メロウなアウトサイダー。わかる気がする。通じるモノがある。
寝技も打撃も優れた方で、手加減が上手い。一緒に練習させていただくと勉強になるし楽しいものなぁ。
そうそう、渡部さんのお父様もご存じだから渡部さんとお会いして喜んでらした。あの知識と言葉も好きだな。
SWAT!でお会い出来たらいいなぁ。楽しみだ。

“メロウなアウトサイダー”……
あんなん聞いたら自分でも言葉での表現を試みたくなる。
そうだな……私から見た印象だと……
“超大外を回って狙うは下剋上”かなぁ。最近、大外どころか場外に吹っ飛んでるようにも見受けられるけど。
ルールがないとこ狙ってあれこれするのも、優れてるよなぁ……
そして私自身にもそんな側面があり、強化したいと考えてる、ね。なるほど。
ネタに事欠かない、投影させる天才な方だよな。

渡部さんのタイトルマッチ決定!!! 8月13日、和歌山で。め……っちゃ楽しみ……!!
約束を守るし、タイミングを持ってる方、だよな。今の渡部さん、止められないでしょ。くうぅぅーーーー………
お相手の方を存じ上げないので楽しむためにも調べたい。部活でなんかできたらいいなぁ。

[Facebook記事]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。