SWAT!160 見所解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今日も座学が盛りだくさん。まずはこれから。

■17.07.01(土)【GSA】MMAグループトレーニング(格闘技1.0h):上田さん
■1. 17.07.09(日)SWAT!160 見所解説

気付けばもう、あと1週間なのだよな。上田さんは今回61.2kgでほぼ減量なし。見た目があまり変化なくて実感薄いが。
なので今回も事前解説をお願い。

そもそもSWAT!とはなんぞや?
ZSTが1軍だとすれば、SWAT!は2軍に当たる。
なのでいつもより会場小さく席数は少なく、より近くで観られる。チケットもお得。初めての人に観戦しやすい雰囲気じゃないかと感じる。
そしてZST本戦でメインイベントやらセミファイナルやら出ている上田さんがSWAT!に出るのはとても異例。
上田さんによると

『前回の大会であんな感じだったから、元気なところを見せるってことで』

というお優しい言葉があったと思いきや、ZST実行委員な勝村さんからは

『前回のZSTを直前の急性腸炎で欠場した上田が禊のSWAT出場。負けたら前髪切ります。 相手は打撃が下手すぎてMMAに出させてもらえない二之宮。 究極のかまってちゃん対決。どっちが鬱陶しいか決定戦(笑)!』

なんて身も蓋もないわかりやすい言葉が出ちゃって、その後、髪切りデスマッチな様相を呈してくる。今回は試合数も多く、いつも以上に盛り上がりそうな気配濃厚、とのこと。

で、まずはルール解説から。

「ZSTルールとSWAT!ルールがあります。
SWAT!ルールはまずパウンドが禁止。つまり相手に馬乗りになって顔を殴ってはいけません。
そしてクローズドガード、つまり横たわった状態で両足の間に相手の胴を挟んで動けなくする行為も禁止されています。」

どうしてですかね?

「パウンドがないのは、安全性を考慮したルールだからです。
そしてパウンドがなく、かつ、クローズドガードがありだとすると、膠着しがちなのです。
クローズドガードを割るのに2分もかかるのはざらなので……飽きるでしょ?」

確かに。ZST本戦も当初はそういうルールだったのですよね。2月のZSTで上田さんと田丸さんが”新旧ZST対決”言われていたのは、新ルールで勝ち星をあげてきた上田さんと、新ルールになったZSTに初めて闘う田丸さんの差がどう出るか?って意味合いもあった。

「また、SWAT!では膝当ても着用します。
その分、膝蹴りによるダメージは軽減されます。ZSTルールではもちろん膝当てはないので、膝蹴りによるダメージは強力です。
このあたりも試合展開に影響してきますよ。」

なるほど。

「ZSTルールはより、迫力ありますね。
SWAT!ルールでは禁じられているパウンドが解禁になります。
パウンドがあるならクローズドガード状態でも殴り合いが繰り広げられ展開が変わってくるため、解禁されます。」

SWAT!ルールのほうが安全、だが……SWAT!の大会の割に、SWA!Tルールが少ないですね、これは?

「ルールは選手間で決めます。SWAT!は2軍なので、1軍であるZST昇格を狙う選手たちはZSTルールでの勝利とアピールを望みます。だからZSTルールが多いんです。」

なるほどなー。そういうのも見えてくるわけだ……
改めて個々の対戦を見てみる。上田さんの練習仲間の方をピックアップ。

今回、本戦に近い試合として注目なのはとにかくメインイベント。
■メインイベント ZST ルール フライ級5 分2 ラウンド
川端 祐樹(NEO JUDO ACADEMY)vs 望月 卓弥(SUBMIT MMA)

「これで本戦に出られる、となったらどちらも人生賭けてきますね。
川端さんはキャリアも長く、この間KO勝ちしたばかりです。弾みをつけてここで勝ってZST出たいところですね。
一方の望月さんも静岡からわざわざ来ますし、気合入っているかと。」

■ZST ルール フライ級5 分2 ラウンド
中原 大輔(総合格闘技move)vs 勅使河原 稜太(AACC×SPIDER)

「中原選手も練習相手ですね。強いですよ。
この試合も、本戦に近い試合になってきます。要注目です。」

この2試合はフライ級。ってことは、盛一郎さん、上田さんと同階級なわけだ。ZSTのフライ級戦線に影響ありですね。

■ ZST ルール バンタム級5 分2 ラウンド
酒井 幸助(ハイブリッドレスリング山田道場)vs 上田 直毅(パラエストラ東京)

「個人的な今から観ておくのがおススメなのが、上田直毅選手です。
苗字が同じなので気になって見てました。強いですよ。
以前、SWAT!に出てましたが、大学進学のために総合格闘技をいったん離れました。
柔術が紫帯です。寝技の練習で僕といい勝負になります。」

それはお強い!

「打撃もとても思い切りがいいです。礼儀正しいいい子ですよ。」

要チェックですねぇ……
といいつつ、実は前にお名前を伺っていたので既にチェックしてました。
この間、観戦に行った全日本ノーギ選手権に出てらしたので観て……確かに、お強かった。楽しみです。

あと、フェザー級だと竹内拓人さんも練習仲間。幅広いですねぇ。
で、上田さんの試合はメインのさらにあと。試合順も特殊ですね。

個人的には出店も気になる。上田さんのTシャツ販売以外もあるのかな。クオリティ高くて好きなんだよねぇ。SWAT!に来るお店。

[Facebook記事]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。