s/o いつもの方

見所解説 17.08.13 Gladiatorバンタム級タイトルマッチ

クラスの合間にいつもの方とプロレストーク。気付けば部活ネタがここでひとつ展開できた。
リアルジャパンプロレスから何から……スーパーライダーさんの動画!! おおお……デカくて迫力……すっげーハイキック!!! 一撃ノックアウト!!!
続きを読む

夢を見せる背中

人が多いな。体格も経験もバラつきあるこのバラエティの豊富さがイイ。

17.06.17(土)【GSA】初心者MMA:上田さん
続きを読む

決するはストレート / SWAT!160に上田さん参戦!

『相手に効かなきゃ意味がない!! 』

「これは本当にまさにその通りですよ。」
「今日はこれだな!!」

部活で観た佐山聡さんの言葉に感銘を受けた上田さん。
さて、如何に?

■17.06.10(土)【GSA】初心者MMA:上田さん
続きを読む

黎明期の伝説

部活前に朝?昼?ごはんを食べるのが先生のよくあるパターン。今日もまた美味しそうに……
そしてひとくちのデカさにビックリする。

「このほぉがみらい……ぜんほうぃ……」

今日も言えてませんが……可笑しい。
それだけ美味しそうに食べてもらえたら、ごはんもごはんに生まれてよかったと……嬉しくて本望でしょうね、きっと。

■17.06.10(土)MMAグループトレーニング部(格闘技1.0h):上田さん
本日はT氏がお休み、なので参加者はいつもの方と私。
となれば、激アツな方向に走る。最近、私の中で日本MMA黎明期のお話が興味津々。

渡部さんの、親子2代MMAチャンピオンになる夢。
前回のクラス時の”回転体”のお話。
その後の部活ページでのいつもの方の造詣深い濃いコメント。
そして私に出来た、日本語+αの師匠からうかがう、当時のこと。

最近、興味が惹かれる話題がすべてあの頃に結びつく。知りたい……
それには、いつもの方と、上田さん。
このおふたりに好きにしゃべっていただくのがベスト!! すっごいディープな話が聞けるに違いない!!

そんな期待は部活前にすでに応えられていた。
今日の座学お題(予定)を事前に部活ページに書き込んだ。
するといつもの方から『真のレジェンダリーファイターである佐藤ルミナさんと桜庭さんについて語りたい』旨のコメントいただいた。うれしーーーーー!!!
そしていつもの方が持ってきてくださった本。
ゴン格さん特別編集。桜庭和志さんの1999-2001年インタビュー記事をまとめた本!! 本気や……!”(*>ω<)o”クーーッ

パラパラ見て唸る。教養のない私でも名前を存じあげてる方々が……写真がお若い……っ。てーか安達さんが載ってるーーー!! しかも敬語使われてるッ!? すません……いつもあんまり凄さを理解できてなくて……( *ノノ)

そしてルミナさんの開始6秒で極めた伝説の飛び付き腕十字の動画を見せていただく。

いや6秒って早すぎ!! 予告されてても目が追いつかず、もう一度再生していただく。いやー……
…………絶句。

それから上田さんからは総合格闘技の始まりとして、シューティング・修斗のお話を。さん付けでお呼びするのが畏れ多くなってきた……佐山聡さんのお話。
さすがに無知な私でも名前は知ってる。初代タイガーマスクの方。
プロレスラーとして人気絶頂な時期に突如引退し、総合格闘技を作り上げた。それが修斗の原型のシューティング。

「タイガーマスクの試合は観たことありますか?」

に、恥ずかしながら、ないです……と頬をかく。

「一度は観ないと。身体能力の凄さ、目を疑いますよ。」

見せていただいた動画に目が釘付け。これでもかこれでもかと、回る! 跳ぶ!! うわぁなんだこれ……!! あんな打点の高いドロップキック……回し蹴り……えええ……
人間にこんな動きが出来るんですか……?
だんだんと本物の、虎の化身に見えてきた。動きが本当に、虎みたいだ。
これは見飽きようがない……
人気が爆発したのも頷く。今もこんな方がいたらそれはもう……すごいスーパースターだろな。

そして、これも必見だ、とシューティング合宿の動画を見せていただく。

「名言が数多く入ってます。」

https://youtu.be/EV1OXpsgFKA

………………ひぃいぃぃッ!?!?!?
わ、私……格闘技に触れたのがつい最近でよかった……絶……っ対、ムリや……il||li (OдO`) il||li

ずっと気になってた、日本語+αの師匠のお言葉……

『面白いの〜〜(笑)現代の格闘技ジムはこんな感じなんですね!』
『僕が『殺すぞこの野郎!』(笑)と教えて頂いてた時と全然違う〜〜(笑)』

あれはこういうことなのですね……ほんとに”殺すぞ!”って言葉がド迫力の本気で飛び交っとるぅぅぅ°・(ノД`)・°・

神社らしき石段を使った、トレーニング。

「ここでしゅうとのお父さんが出てますよ!」

と停止される。ほんとだ!!! すごいですね、この一瞬を把握してるの。
この動画も相当、観てきたのだろうなぁ……

画面の中の激しいミット打ちを食い入るように見る上田さん。
そして数ある名言の中でもこれが今日イチの大ヒットなようで、ぶつぶつと口にして転がす。

『相手に効かなきゃ意味がない!! 』

「これは本当にまさにその通りですよ。」
「今日はこれだな!!」

このあとのクラスはそれがテーマですか……うぅ、だ、だいじょうぶかな……殺さないでください……(´;ω;`)

そして上田さんが格闘技を始めるきっかけになった、PRIDEのお話。『病気なんじゃないかってくらい、見た』のコメントは何度かうかがっている。
おふたりのトークが実に興味深い。が、たぶん序の口もいいところですね。

面白すぎて1時間ぜんぶ、座学で終了。
最後に上田さんに言われる。

「PRIDEは必修科目ですよ。DVDで全部、観たほうがいいです。」

なるほど……観たくなりました。が、ナンバーは34までですか……

「これまでの必修科目も、観てないですよね。」

ため息交じりに言われて首をすくめる。

いや、観る気はめちゃめちゃありますよ? 観る時間を作るためにあれこれしようと考えて早1年、前より時間がなくなってますけど……
絶対、時間作って見るもんね。えーと、数年以内には。
そんなしてる間に、必修科目を増やされそうですけど。

それより目下の不安は『相手に効かなきゃ意味がない!!』が次のクラスでどう具現されるか、ですよ……

[Facebook記事]

リングの外での逆転劇

「こんばんはー」

ここで聞く久々の声に、テンションが上がる。いらしたぁーーー! 渡部さん!!

17.06.03(土)【GSA】初心者MMA:上田さん,渡部さん
前に渡部さんがいらしたのは……1年以上前になるのかな? うわぁ。嬉しいなぁっ。
準備運動の際のテディベアのような佇まいをこっそりチェック。うぅ、渡部さんだなぁ……! そしてマット運動の安定感……スローモーションのような動きに目を奪われる。筋肉あって慣れてないとあんな動き出来ないぞ。すげぇ。

そして今日は渡部さんいらしてるので特別メニュー。寝技でスパー多めにしましょう、と! ひゃほー”(*>ω<)o”クーーッ
最初に技術練習でクローズドガードのパスガードを。これは初めて見たかも……こんなやり方あるんだな。
そして極め技・絞め技なし、パスガードのみのシチュエーションスパー。そして極め・絞めありの普通のグラップリングスパーへ。

渡部さんが相手してくださる。
スパー中にお話に花が咲く。
そういえば寺本さんと仲良しですね!?

「前にカナダ行ったときに同じ部屋になったんですよ。それ以来ですね。」

へぇぇそんなことが! 何泊ですか?

「5泊です。」

うあーそれは仲良くなっちゃいますねっ。しかもおふたりともお優しくて温かいから……目に浮かぶようです。その部屋は居心地良くてめっちゃ楽しそうだっ。

なんて話してたら気付いたらバック取られてる!?!? 気を付けてたのに何されたか覚えてない!!

渡部さんに笑われる。

しかもこれ4の字まで取られてるじゃないですかっ。
飯盛さんが”ポジション取られるだけでタップしちゃう”って言ってたヤツ!! ああっ喜んでる場合じゃないけどこれがアレですか!ってテンション上がっちゃいますね!!

「まだ締めてないですけどね。」

はい、ですね。私じゃ締められたらタップも間に合わずに上から下からなんか出ると思います。

だよなー……体格差も大きいし、ほんとは重く感じて当たり前。なのに重量感は感じてるのに重くない。ものすごく丁寧に手加減していたいだいてるぞ、これ。
途中で教わったばかりのパスガード挑戦のチャンスを数回作ってくださった。いずれももたついたのでされてくださらずに流れた。うぅ、すげー勉強になる……復習しなきゃ orz

そんなにバックポジション取れてキープできるって、やっぱり相当、練習されたんですか?

「いや、そうでもないんです。なんか取れて、得意で練習して磨きがかかった感じで。」

天性ですかぁー……そこに、努力をふんだんに上乗せ。そりゃお強いよなぁ……すげーやー……。

上田さんからはサイドポジションの抑え込み復習。まだ細かいところが怪しいのだな、たまにこうして丁寧にチェックしていただくのはすごくいい復習……

「いいですね!」

最後はそう言っていただけて、他の方のスパーでも狙って成功率はそこそこでキープできた。抑え込んで少し休憩……うし。

なのだが、

「そこから肩固め行けますね!」

言われて挑戦するも、これが……なかっなか、極まらない……肩固めがちょー苦手……それこそ、盛一郎さんにも、上田さんにも教えていただいてるのになぁ、この技。
最後の最後で時間をかけて狙うもどうにも極まらず、真綿で首を絞めるようなかけ方しかできない。上田さんがその状態から指示出ししてくださるのに、まったくうまく行かない。私のほうが息も絶え絶え。タイムアップで終わったときは、どっちがかけられてたんだかわからないくらいの疲労困憊……あかん、下手すぎる……orz

T氏はクローズドガードをかついでパス傾向があったので、三角絞めを狙ってみた。が、これまたうまくかからず。下手すぎる……三角も苦手なんだよな……ならば違う技に展開するのもアリだったのに。
サイドポジションである程度抑え込めたのと、バックを取れたのはよかったが、うーん、どうにも極め・絞めが雑でダメだな。
そんなT氏は本日、ポジティモンスターTシャツ ZST.56版を着用。人が着てるの初めて見た。
打撃練習では執拗なボディ打ちを誘発させる呪いのアイテム。寝技練習でもそのポテンシャルを如何なく発揮してみせた。
スパー中に隣からT氏の苦悶の悲鳴が聞こえるので目をやると、渡部さんにバック取られて4の字ロックもされたT氏の腹が、私めがけてサムアップしとる……!! 爆笑。サイドポジションで抑え込み中なのにうっかり緩みそうになる。危ない! あーもうこれめっちゃ写真撮りたいんですけど!
すげーな、このTシャツの笑いの持って行き方。

いつもの方とは、打撃練習のときの遊び心と余裕を一切抜きで。おおおすごい勢いで抑え込まれそうになる……! と必死ですり抜ける。体格差を活かしてなんとか隙間を見つけてはこじ開けて抜ける! けどすぐ捕まる。うぅぅ……のでまた抜ける! な応酬。バックを狙ってチョークを試みるも数回失敗。やっぱあかんー、足がフックできなくて固定できないのが厳しい。足が短いっ。
双方決め手に欠けてタイムアップ。

「回転体でしたね。」

ああ、最後に背中の上でくるくる回られたのは厳しかったです……

……じゃなく? え? 私??

上田さんから”回転体”って単語に関する解説が入る。
UWFの? 田村潔さんという方が? UWFからRINGSへ、そしてさらにその先にZSTがあり?

「……というわけで、回転体と言われたら即座に誉め言葉と理解して”ありがとうございます!”と言えるようにならないとダメですね!」

と9割7分が最高級の誉め言葉で形成されたダメ出しをいただいた。うはーーーー!!
しかもあれですね、その”回転体”ってZST.54で盛一郎さんと上田さんのグラップリングの試合で使われていた形容詞!! あんな雰囲気のことが、できていたってことですかぁっ!!! やべー……これは嬉しい……(*☻-☻*)
グラップリング最高ですやんー……楽しかったよぅ(*ノノ)

終了後、ストレッチしつつ渡部さんや皆様とお話。
今日、クラスにいらしてた方がリアルタイムで渡部さんのお父様の試合をご覧になっていたと! 興奮気味に渡部さんとお話してる姿とその内容に興味津々。知らないことがたくさんある。もっともっと動画も観たいなぁ……知りたいことたくさんだよー嬉しくて困るよーー。
それから渡部さんのこれからのお話。うあーご本人にこんな感じに直接質問できてリアルにお話を聞けるって最高だなぁ……! プロな方ならではの悩みってあるよな。大変だな。でもでも楽しみだなっ。んんんー……また試合が観たいっ。

お片付けして、みんなで春雨。最後の加圧トレーニングを終了されたおふたりも合流。
なのでメンバーは上田さん、渡部さん、LINEスタンプな方にいつもの方にT氏。面白いメンツだ。今日も丼に表れる個性。上田さんが一番大量のトッピングでデカ丼。渡部さんはなんと春雨アレルギーだそうで(!)ご飯、小さめ丼。LINEスタンプの方はバランス取れつつ上のチーズが美味しそう。私食べたことないんだよな、今度やってみよう。T氏といつもの方は肉が多めの地味目な色合い。私はバランスよく多め、かな? 最近、サツマイモが欠かせない。
食べながらの雑談が面白くて仕方ない。上田さんと渡部さんの悩みと、“闇”だか“病み”だかの濃厚さに笑う。あ、笑っていいヤツですよね?
おふたりの会話に耳を傾ける。そうかぁ、こんなふうに上田さんが少しずつ渡部さんを洗脳して、そして渡部さんの身体はこんななったんだなぁと垣間見る。
LINEスタンプな方の上田さんへの真っ当なツッコミが冴えまくる。それが出来るのはきっと同類な証拠。えーと、いい意味で。そして腹筋の強さと二の腕の美しさが、イイ。
上田さんと渡部さんの身体の大きさと丼の大きさの対比が面白くてLINEスタンプな方をつつき、指で示して笑う。
また出来たらいいですね。春雨パーティー。

上田さんの、トッピングてんこ盛りデカ丼を眺める。
あのトッピングには今日の加圧トレーニングでしたトークのお代と追加オプション代の一括払いが入ってる。……はずだったのに。どうも、おかしい。なんだろ、この変な感じは。
ふと脳内でそろばんが動く。あれ? …………あ、そういうこと?

えっ。

…………えええ? これはすげー綺麗な、見事な等価交換……マジか。
え、てことは、もしや? アレの対価にそんな値がつきますか。それに……えっ。
……律儀だなぁ……これは綺麗で見事すぎる。これは……えええマジか。してやられた。

この方から買ったもの……どれもこれも支払額以上のリターンばかりだった。この間のZST.56ですらも。むしろあれは私にとっては3本の指に入るくらいにリターンがデカい。なのに……それはそうか。この方も。あの方たちも。……たまらんな。もう。

どうやら、一発逆転の格闘家は、リングの外でも鮮やかに盤面をひっくり返してみせるらしい。気付いたら、綺麗に華麗に鮮やかに、してやられていた。
白旗だ。ここまでされたらありがたく受け取ってネタにせざるを得ない。これだから、やめられない。

太客、上等。
上田さんが用意してくださった、頭がおかしな追加オプションな対価。
楽しみだ。期待してる。

[Facebook記事]

同じ穴の狢

るんるんで足取りも軽く、GSAへ。

17.05.27(土)【GSA】パーソナルトレーニング(加圧0.5h):上田さん
TJさんと春雨食べたら楽しかったです!というお話。
3年も継続してるとほんとに上田さんに似ますね……途中で何度か、上田さんと話してるような気分になりました。

TJさんの変化のお話。
どうして3年続いたのか……ストレートに受け止めるからだろうなぁ。だから変化し、早かった。私よりよほど、ストレートで素直。

T嬢と久々にゆっくり話をしたらT嬢の内面の変化に感じ入った、というお話。
上田さん曰く、変化の大きさで言えばT嬢はクライアントの中でも相当上位にランクイン。これまた私より、よほど。そうですね。私の知る範囲で、上田さんのトレーナーさんとしての腕を1番評価しているのはT嬢だと思う。

T氏はこれからで……直前のトレーニングのお話を少し。T氏の課題。トレーニングを続けることで、変わるのでしょうね。
Tセンパイの話も聞きたかったけど聞き損ねたな。A嬢も。

「最近、僕のトレーニング受けてる方にずいぶん会いに行ってますね? 何かあったんですか?」

なんでしょうね? 思わず空を見る。
もともと会いたい人には会いに行く主義だったんで……おひとりお会いしたら本当によい出逢いだったから、芋づる式に会いに伺った、ですかね。あとは……会いに行かないのは逃げだと思ったからかな。
紹介者が多く、付き添いの見学が増えたら発見が多くてもっと知りたくなった。
マンツーマンでトレーニング受けてるだけじゃ得られなかった視点がずいぶん得られました。
おひとりに会うごとに、視点がひとつ、増えた感じで。自分の視点との中間地点からさらに複合的にも増えていくような……視点が増殖するような。トレーニングも、上田さんの指導も、上田さんの格闘技も、ずいぶん深みとゆとりをもって見られるようになった気がしますよ。
同時に、私のFacebookも目にする人によってはトレーニングが豊かになり、変化するきっかけになりうるのだな、と自分の価値も再認識しました。自分じゃ単なる、排泄物であっても。
人と関わるって、大事なのですね。

今日のトレーニングはインターバル短めできつめ。メンタル鍛えられるのでよし。

「手足の血管の浮き具合といい、ここしばらくで一番いい状態じゃないですか?」

そうですね。遅々としてますけどね。
私は劣等生だ。誰と比較しても、そう思う。羨ましくないと言えばウソになるけど、満足している。
格闘技の練習をしていると、私は劣りすぎてて話にならない。手加減して合わせてもらわないと、ついていけないからなぁ……不出来な自分を見せつけられるのはだいぶ慣れた。

そうして知ったのは、ひとりですべてを出来なくていいってこと。
不出来なことすら、持ち味。

こんな残念で、劣等生で、拙くて、ひとりじゃなんもできなくても。
それでも格闘技を、トレーニングをしていいんだ、楽しいんだって、知ってもらえたら。

排泄物を垂れ流してることも、意味があるんでしょうね。

17.05.27(土)【GSA】MMAグループトレーニング部(格闘技1.0h):上田さん
なかなか刺激的な、上田さんが人を識別するフィルターのお話。
T氏が引いてて、上田さんが

「久禮さんは微動だにしませんね。いずれああなります。」

と。
あら、言われて気付いた。当たり前にそうだよなぁ、と感じ入ってた。

「おかしなこと言ってると最初は苦笑いしてましたが?」

いや、そうでもなかったですよ?

「ああ、では“それ言っちゃうんだ?”の苦笑いですか。」

あー、それですね。すごく新鮮でした。
3パターンが多かったかな。

“それ言っちゃうんだ?”
“言われてみれば確かに。”
“よく意味がわからないから時間かけて咀嚼しよう”

“私にはちょっと違う”はだいぶ少ない。

そう、言われてみれば確かに……
上田さんはご自身を”頭がおかしい”と自称する。
またまたーと思っていたが、日を追うごとに、ほんとそうですね、と感じるようになった。

だが、“おかしなこと言ってる”と思ったことは一度もない。
“頭おかしい”と“おかしなこと言ってる”は同義ではない。
そして私自身が、自分の頭を“日増しにおかしくなっていく”と感じていて、“正気に返っちゃダメだ”と思っている。

さて……“頭おかしい”“正気”の定義はなんなんでしょうね?
そしてその“頭おかしい”人こそが。

TJさんの言葉を思い出す。

『気付けば思考が変えられてるんですよ。いつの間に!?って思いますよね。』

上田さんは”頭おかしい”同類の人を捜し求めている……自分の言語が通じる、本当の理解者が欲しくて。
だから人を識別するフィルターを持っている。

お話を聞きつつ、思い出していた。栄養の座学を初めて受けたとき。
その日の晩に献立を練り直し、翌日から食事をガラッと変えた。
もとがヒドかったのも手伝い、たった1~2週間で激変した。激変しすぎてビビり、上田さんに『変わりすぎなんですが、これ大丈夫ですか!?』と焦って泣きついたのが懐かしい。
その際の上田さんの『問題ないです。これから……なふうに推移します。』の予測通りに私の身体は推移し、ただただ快適になった。
物心ついたときからの”自分はこういう人間なんだ”の概念が覆された。
感動したー……
コーフンした私に上田さんが言ったのは、

「言われてすぐにやる人はなかなかいないんですよ。」

だった。なんで?とクエスチョンマークが無数に飛んだのを覚えている。

フィルターはいくつもあるのだろう。
おそらく局地的に一番わかりやすい識別方法は、上田さんに習い続けるか否か、なのだろう。
TJさんを思い浮かべる。わかりやすい。

どうして私が上田さんのクライアントの方々に積極的に会いに行くようになったのか、わかった気がした。
言語が通じる人を、探したかったんだ、きっと。上田さんのクライアントには、いそうな気がしたから。
その読みは当たっていたんだと思う。

「くれさんの白いブリ大根の写真、マジか、って思った。」

そう言うT氏は、上田さんに初めて習ってからもう1年半が経つ。空白期間が長かったが、逆をとれば、”それでもT氏はやめなかった”。

「Tさんも、早くこちら側に来てくださいね。こちら側の人間でなければ、そんなに……しません。」

思わず無言で頷いていた。
上田さんにT氏を初めて紹介したときの言葉。

“上田さんと気が合うと思うんです!”

そうでなければ、私はおそらく上田さんに紹介していない。

いつもの方。寡黙で発言少なくこそあれ、いつもさりげなく気を配り、そこにいてくださる存在感。入会時期が私より少し早いくらい。
ここ数か月、お会いするごとに身体が違う。
すげーな、と思うのだ。何より一番すごいのは、練習相手をしてくださる際、このビビりな私がリラックスして爆笑できるくらいの、その在り方。

私の言語で必須要素を上げるなら、”ココロで思っていること”と”発言・言動”が合致していることだと思う。
自分の望み、理想を知って、叶えに行っているかどうか。意識的にせよ、無意識的にせよ、言い訳して逃げていないか。
自分で自分の望みを叶えよう、”自分で自分をしあわせにしよう”という意思を持っているか否か。

“変わりたい””よりよくなりたい”と本気で願えるかどうか。
それが”こちら側”になる必須の要素。

T氏はどんなに空白期間が長くても、”変わるきっかけ”を手放すことができなかった。
“変わりたい”って願いを、諦めきれなかった。無意識にせよ。
だからこうして戻ってきた。

変わらねばな。私も。
負けてられん。

……という私は”こちら側”の人間なの、か??

寝技実技は、先週のおさらいで各種ポジション説明。
背中を向けて聞いてもわかるかどうか? だいたいわかるのが面白い。
下からの腕十字、基本パターンと、上田さんパターン。うん、前に教えていただいたことがある。まだ手がこんがらかるんだけど。面白いよねぇ、上田さんの格闘技。

17.05.27(土)【GSA】初心者MMA:上田さん
体験の女性の方が3人も。うはー。眩しい。
ので上田さんは本日、体験の方々につきっきり。常連メンバーでいつもの打撃対人練習を回す。

T氏は動きがいいんだよねぇ。抜かれるの時間の問題だよ……
いつもの方はいつも通りでやっぱり楽しい! 遊び心に挑戦。でありつつも、頭のよさに惑わされる。
異国の上手い方はスピード上げて爆速で挑戦。食らいまくりでツラいが、攻守交替の瞬間に叩き込むを心がけた。割とよかった。
初心者のデカい方はこわいので、むやみやたらと話しかけて先輩ヅラして逃げた。こういう手段ばっかりうまくなっちゃって。

寝技。部活でやった下からの腕十字をおさらい。

「そういえば勝村さんは……」

のお話に、らしい、と笑みが。
で、……………………あー……まぁ……なるほど( =_=)
本当にこの方は油断ならないというかなんというか、やっぱそうなんすかね。
思わず嬉しくなり、次いでイラっとする。
その満面の笑みが訳知り顔に見えて癪に触る。なのでぜったい言わねー。
だいたい、あなただってそうでしょうに。

[Facebook記事]

“面白い”試合 と “美味しい”の価値

【動画:筋トレ(久禮 ベンチプレス & スクワット)】
格闘技指導:“ZSTの体操お兄さん”上田貴央選手
動画撮影:いつもの方
撮影場所:GENスポーツアカデミー(略称:GSA)
上田さんに公開許可を頂きました。 皆さまありがとうございましたm(._.)m

ここ4日間ほどはよい食事ができたので快調かなぁ。

17.04.08(土)【GSA】パーソナルトレーニング(加圧0.5h):上田さん
先週に続き、上田家に娶られたヘルシオグリエたんのお話。どうやらラブラブらしい。

「頭上に設置してますからね!」
「上から見下ろされるのがたまらんのです!!」

さいですか……下から見上げるのがお好きとは、らしいですね。初々しい新婚生活、つつがなく睦まじいようで何よりです。
これで嫁は何人……いや、何台目ですか? 昨年暮れには確か、見目麗しいテレビを娶っていたかと思いますが。

「いや、違いますね。グリエたんは愛人です。テレビはビジネスパートナーです。」

意味わかんn……おっと。

「テレビはオスですよ。」
「いい仕事したな、って、握手するんです。」

テレビのどこに握手する手があるんですか?

「そんな質問するなんて。」
「なに質問してんだよ、バカ!」

イミわかんねーよ!!

ZST.56 のお話。戦力分析をしてたはずが途中から嘆きが入ってきて笑う。例えば盛一郎さんと竿本さんが闘ったら? 盛一郎さんと上田さんなら? を踏まえて竿本さんと上田さんは?
互いの立ち位置の違い。そこから求める、互いが目指す試合の帰結は?
なるほどなぁ。試合の見方が深まった。まだ1ヶ月弱ある。さらに聞いてもっと楽しみ増やそう。元を取れるのは知ってるが、さらに貪欲に楽しみたい。

しばし前に宣伝されてた

『レスリングインターハイ2位という輝かしい実績を持つ強豪ファイターに、上田はちょっとビビってます。
みんなの応援がないと!!
応援来てください!!』

は、けっこうガチだよなー……とついうっかりVIP席、しかも最前列をお願いしてしまった。断じて

『ちなみに今回、SRS席とVIP席を上田から直接買って頂いた方には
「ポジティブモンスターTシャツ ver ZST.56」
が付きます!(´ー`)』

に釣られたわけではないわけではないこともなくはないかもしれないが収集癖がちょっぴり強めの己が憎い。まさか後続があると思わなかった。それにRIZINの盛一郎さんTシャツ&rvddwの盛一郎さんTシャツ!!も両方欲しい……って財布の中身とちょー切実ににらめっこ中でいったい私はTシャツにいくらツッコむ気だ。頭おかしい。稼がなきゃ。マジで。どうやろう。
って時点で買う気満々でやっぱり頭おかしーな、と頭を抱える。

さておき、常々、我ながら疑問なことがある。なんで上田さんをここまで追っかけて教わってるんだ?
『なに質問してんだよ、バカ!』まで言われた(しかも2回も!!)、腹いせに垂れ流すが。
こういっちゃなんだが、戦績のいい選手は他にもいる。
顔も確かにイケメンだが、他にももっとイケメンの選手はいる。
筋肉は凄いが、上体に寄り過ぎで遠近おかしい。立てないフィギュア。
イチ言い返すと倍以上になってめんどくさい。
うっかり論破すると別のところで執拗に論破されてもっとめんどくさい。
闇が濃すぎてカオス。7週半回ってリングの上でだけ光属性。
あれ、なんか単なる悪口になってきた。
えーと、何より、環境的に教わりやすい方はもっといる。
なんで上田さんなんかね? というのは我ながら常々不思議で仕方ない。
まだ2~3割しか分析できてない手応えがあるが、まぁこれは確実だなと思う理由がひとつある。

物凄く弱くて、それ以上に、強い。あの方は。
“強さ”の定義は様々だが、なんだかんだ、”影響力”だと思うのだ。
女性人気、すげーなーと見てて思う。特に加圧のクライアントから入った方、多いだろうな。それだけその女性たちの心身を変えたからだろうな。格闘技に縁のない女性、観るのを怖いと強く感じる女性たちを、それでも格闘技会場に足を運びたいと思わせるほどに、影響力を持ってるんだよな。
そしてそこから入って、実際に闘う姿を見せ、ココロに訴えかけ。また観たいと思わせ。
上田さん目当てで行った方々が他の選手の方々に目が行って、応援するようになり……それを歓迎してブロマイドにサインもらって渡して差し上げたり。ずいぶんいろいろ、底上げしてるな?
っていう、目に見えてわかりやすい現象。

じゃぁなにゆえ、そこまで影響力を持つのか?
なんなんだろうな。上田さんの格闘技の魅力。全戦全勝とは程遠いのに。それが謎。未だに分析しきらん。私の目がまだまだ残念過ぎて直線的に理解ができないからなんだけど……
ただ、今のところ私の見立てでは、上田さんの強さは、そもそも人として、”物凄く弱い”ってところに由来するんだと思う。
人間、みんな弱い。その弱さとどう付き合い向き合うか、もしくはそらしてやり過ごすか……
って中で、一番したたかに計算高く、弱さを反動に利用しつくして、巧みに強くなって見せて来たのが上田さんに感じる。
弱いのに、あんなところにいる。
弱さを上回る強さを持ってなければ、あそこには立てない。
物凄く弱く、それを覆すくらいに、強い。弱さを持ったまま、強い。
相対的な強さなら、強い人は他に山ほどいる。が、各自の開始地点からの距離を測ったときの強さ……その絶対値を相対的に比較したとき、上田さんが一番、強いんじゃないか?
私にはそう感じられて仕方ない。
なぜそう感じるか?
自身が培った”弱さ”を”強さ”に転換するメソッドを、トレーナーとしてわかりやすく伝播するからだ。だから私は、上田さんの凄さをつぶさに知ることが出来た。
おそらく、他のクライアントの方々もそう。それぞれが自身の心身にカスタマイズされたメソッドで激変する。だから上田さんに感謝して夢中になる。ので、格闘技会場に足を運ぶ。あの凄い方が、そんなに心血注いで夢中になる格闘技ってどんなだろうって。闘うところを見たくなって。

……まー、たぶん今の上田さんはそういういろーーんな御託はどーでもよくって”試合に勝ちたい”で七転八倒してんだろーなーと妄想して笑う。
シンプルに切実に、リングの上での強さが欲しいところ、ですよねー。
あの試合に勝てるなら尻尾振って悪魔に魂売るだろうなぁ。靴を舐めるのもガチで苦じゃないに違いない。
でもそれでいて、ズルしたらプライド許さなくて余計に悶え苦しむのだろう。格闘技をこよなく愛してて大切ですものね!
あはあは。タイミングがねぇ。へんな引き寄せをするものだなぁ、と見てて可笑しい。よりによって。無駄にハードモード。
たくさんの人に、応援してもらえたら、いーですね。私にはよくわからないけど、それは本当に力になるみたいだから。一人でも多く、お友だち連れてきてもらえたらいいですね。

『ああ!!みんなに試合見てもらいたい!! 全然謙遜とかするつもりないです!(笑) 絶対面白いって言わせてみせるから、何卒!何卒見に来てください!!』

面白い試合を、期待している。
この試合にどう臨んで見せるのか。リング上で出される上田さんと竿本さんのそれぞれの答えを、そのぶつかり合いを、楽しみにしてる。
願わくば、おふたりとも、他の参戦選手の方々も皆、思いっきり満喫してくださいますように。出来るだけ、怪我なく。
他の対戦カードも楽しみだなっ。全カード発表が待ち遠しい。また見どころ解説、お願いしよ。

17.04.08(土)【GSA】MMAグループトレーニング部(格闘技1.0h):上田さん
本日のお題。
座学は、格闘技に欠かせないフィジカルトレーニングのお話。
実技は、その実践。

先週の加圧での最後のお話。
「格闘技の試合にまず出るのに必要なのはフィジカル」
「筋力と持久力と加速度」
このへんをもっと詳しく知り、実際のトレーニングに活かしたい。
あと、上田さんは格闘技と加圧以外にもっともっとトレーナー業の引き出しありそうだけど、よく知らない。ので聞いてみたくなった。

座学は面白くてつい根掘り葉掘り。それでもまだ触りの部分なんだろなと感じる。
がんばり方を間違えると、疲れて時間かかって大変なのに効果があまり見込めないトレーニングをやっちゃうんだろな。下手すると怪我のリスクが高くなったり。しかも自力じゃそれに気づきづらいんだろな。

いろいろ根掘り葉掘りした中で一番興味深かったのは

「筋力と持久力と加速度の能力値の全点数合計値を100点としたとき、各配点はそれぞれ何点ですか?」

筋力極振り、と予想していたが、上田さんが少し思案する。で、出た回答が面白かった。試合に出るのを前提としたならば、の前置きで続いたコメントになるほどなぁーーーーと納得。
もろもろ鑑みて、これからのトレーニングの組み立てを思わず妄想する。時間がそう割けるわけでない状況だけど、それでも衰えたくない、できることなら強くなりたい。
いろいろ考える。がんばろ。

実技は、実際に筋トレの正しいフォームを。
私はこれまでウェイトトレーニングをちゃんとやったことない。加圧で言われるがままにやってきただけ。ので初体験で……ぐぉーーこんなかっ(o_o)
スクワットは、軽めのバーを担いで正しいフォームのレクチャーを丁寧に受ける。で、

「理想は自重と同じ重さですが」

のコメント付きで少し軽めの負荷でやる。私は40kg⇒50kgで。これ、サポートなしで誤って落としたら事故だな……とドキドキする。足の骨、折りそう。
50kgはなんとかなったな。憧れの方には程遠く桁違いすぎて、あの凄さに改めてクラクラする……もっと担げるようになりたいな。
ベンチプレスは何kgだったんだろ? あっちのがキツかった。ラスト1回、持ち上げきりたかったな。ちょっと悔しい。しかし足がバタついて頭振っちゃってるあたり、死にかけのゴキブリみたい( =_=)
感想のまとめ。『加圧のがラク。』
うまく組み合わせられたらいいな。きっと。そしたらもっと効率的に筋力が上がる。

17.04.08(土)【GSA】初心者MMA:上田さん
倒立前転が勢い良すぎて相殺できず orz まだまだ倒立は磨きたい。倒立歩行いけたら最高だな。
打撃練習は本日もっぱら、ミット打ち。上田さんの持つミットめがけて。今日はこの練習意図がよっくわかる。さっきの座学踏まえると、このミットは2重にも3重にも意味を持つ。試合出たいなら、巧みに上手くなりたいならすげー有効な練習で。そして上田さんに負荷がとんでもなく高い。ミスったらすげー危ないよな……。しかもずっと持ち続けてくださる。ハンパない。感謝だな……。
私の操作性はほんと足らないなと思う。いつもの方と比較すると一目瞭然。たぶんゲームをどれだけやってきたかだよ、これ。

「出来ないことを出来るようになる努力をしてください」

で、以前にアクションゲームを勧められてたのを思い出す。やってないんですよねぇーーー……あれなんだよな すげーわかる……orz デジタルなゲーム上手い人、格闘技も上手いよ。

寝技の技術練習は、いつもの方からのリクエスト。
『猛者相手に10分しのごうと考えたときの鉄壁の防御とそこからの展開』
で、上田さん思案して、例として出されたのがクローズドガードをされてる状態での鉄壁防御。おおお……おおー……(*☻-☻*)
そしてそこからの展開。おおおおお”(*>ω<)o”クーーッ おんもしろい!!
クローズドガードされたところからのフローチャートが充実したな、これ! でもまだあそこはぜんぜん描けてない、描かなきゃ! やりたいことたくさん過ぎる……orz

終了後、うっかり漏らした失言から思わぬコメント。

「同性愛者とBL愛好者の性に対する貪欲さと言ったら!」
「金もエネルギーもものすごくかけますからね!」
「久禮さんの格闘技に対する知識欲と匹敵しますね!!」

はいぃぃぃぃぃ!?!?
ちょっと待って……
『私の格闘技知識欲ってそこまでですか!?』か、
『彼の方々の性欲ってそこまでですか!?』のどちらで反応すべきかすげー苦悩する……いやこれ、どっちに反応しても墓穴掘るパターン……いやこれは返事しちゃいけない……あああボスの言ってる”無視”がやっぱ1番正しいんじゃないか、って考えるとついこの方の格闘技が面白すぎて深入りしてここまで追いかけてしまった時点でもう私ってアウトなんじゃ???
苦悩している間に前者に取られてさらにヒドいディスられ方してそのまま去られる。ヒドい……

てーかまた飯盛さんのお話を聞き損なったやんかー……なんなん? “ナイスガイ”以外に情報ないんか?(´Д`) なんでSWAT!バンタム級黄金期をよぉく知ってる1番身近な方からここまで話が聞けないのだ。グリエたんとBLトークの威力、いったいなんなんだ。
何処かに上がってるって飯盛さんの試合も探したけど見つからないーどこだろ……。

気を取り直して、果物屋さんへ。まずは、せとか。そろそろ柑橘類のシーズンも終わりだ、食べられるうちに食べとくんだ! それと「今日は安売りで200円!」の情報をもとにハネジューメロンげっと! 今年初だな。もうシーズンなんだなぁ……

で、『明日は焼いた小麦粉を食べる日だから~♪』など計算の上、ケバブ屋さんへ寄り道。ソースなしで!とオーダー。計算慣れしてきた。
お兄さんが『椅子で食ってけ!』と示してくれるのでおとなしく座る。と、抱えていた2Lペットボトルの水をひょいと取られてカウンターに置いてくれてニコニコする。優しい!
嬉しくてもふもふ食べる。やっぱソースなしでもおいしーなっ。おつまみケバブにしたら、なおいいのかもな? でもサンドのほうがケバブ感が出て好き。悩むが検討しよう。
んーそれにしてもトレーニング後ってなんでこう美味いんだろ……そう、美味しい……

と思いつつ、加圧時の話を思い出す。何か、最近のテーマに重なる……
あれは興味深くも、嬉しくも考える話でもあり……
“美味しい”は私にとって大切な原動力な気がしてて……求められるレベルに近づくことはたぶん出来る。ただこれを捨てたくはなくて……私の性能に向いてるのはきっと……んーー……未消化がデカい。まとまらん……

食べてたケバブからお肉がポロリと落ちる。うあーー鞄の上に落ちてセーフ。つまんで食べる。

『ん!』と、斜め上空からティッシュが差し出される。あらなんと至れり尽くせり。ケバブ1個食べるのに、どんだけ他人様の手を煩わせてるのだ。へへーと照れ笑いしつつゴキゲンでもふもふ食べる。せっかくおいしーんだから、食べるのに集中しよう。口から入ったお肉が胃を通らずにーーー!
果物屋さんが今日も大賑わい。行き交う人がちょいちょい、ケバブ屋のお兄さんに挨拶してく。異国語でよくわからん。イイ感じ。
いいなぁ、新大久保。好きだ。
店の中に消えたお兄さんが、やがて小さなペットボトルを持って帰ってきた。

『マンゴー』

と言って、わざわざ目の前でカチカチと未開封のキャップをひねり、私に差し出す。
えええええくれるの!?!? とボトルとお兄さんの顔を交互に見ると、目でどうぞと促される。うあー……嬉しいー。明日、なわとびの回数を増やそ、何分かな?と考えつつ飲む。

あまーーーい! おいしいーーー!!

喜んで伝えるとお兄さんもぱぁっと嬉しそうな顔になり、『♪ おいしいけばぶ~ ♪』とトンテントンテンとリズムを取りながら歌ってくれる。楽しいぞ!! 今日はいい日だ!!!

食べ終わって、お礼がしたいぞ。と思ってちょうどいいモノを見つける。買いたてほかほかの、せとかー! いいとこにあった!
ビニールを破いて1個、ん!とお兄さんに差し出す。どーぞ!
お兄さんがまたぱぁっと笑顔になってくれる。

『マンダリン?』

ちがうちがう、せとか! あれあれ!!
お兄さんが、ふんふん言いながら、ナイフで皮をむく。指でいけるよーというのに気付いたか、指で剝き……そして、最後にぱかっとふたつに割って、片方を、ん!とくれる。
ええええくれるのーー? 半分こ!!
ニコニコでせとかを頬張る。やっぱ甘いなぁ。こうやって食べると、また一段と美味しいなぁっ。お兄さんもせとか、気に入ったみたいだ。
そして幾度となく『マンダリン』言う。どうやら、『マンダリンも美味しいから、今度、食べてみろ』ということだな、と理解。今度、買ってみるー!
お客さん来たので、ばいばーい!と手を振って退散。

何とも言えず、ほっこほこのよい気分になった。またケバブ買っちゃうなぁ、これ。
こういうのが好きで……それに欠かせないのが”美味しい”って単語。
一方で“美味しい”を求めるのは違うって話だった。
ただ、あの話。表面上の要望のその向こうに見え隠れする、”願い”がひとつ。主題はきっと、そっち。
私が叶えられるとしたら、そっちの、亜種なんじゃないか……そのほうが”世のため人のため”そして何より”最大多数の最善解”なんじゃないか……そう感じる。
としたときに、さて、はたしてこれは、”私の純度の高い望み”なのかねぇ……? だからって逆に外すのだって……?
まー、二兎を追えばいいんだけど。並立できることだから。どんなに狭く見積もっても、9割は重なる。
……と、解をあいまいにしておくと、たぶんあとからまた歪む。この場合の問題は、残りの1割。こいつを明確に把握しとかないと、肥大化する。
いやー、もっとガッツリ自分の軸を持たないと、危ないなぁー……人生脚本の影をひとつ捕まえられた気がする。こいつを何とかせねば、場所を違えてもまた同じことを繰り返す。
さて、私はいったい、何がしたいんだろう? 何になりたいんだろう? この、重ならない1割の正体は?
自分の軸を、持ちたいねぇ。もっといろんな人と対等に渡り合えるようになりたい。それは、確か。
うん。めーいそーうちゅー♪(´▽`*)

 

[Facebook記事]

ヘルシオグリエたん / CHANGE!

【動画:試合解説 ZST.51 剛さん vs 上田さん 冒頭】
格闘技指導:“ZSTの体操お兄さん”上田貴央選手
動画撮影:久禮
撮影場所:GENスポーツアカデミー(略称:GSA)
上田さんに公開許可を頂きました。 皆さまありがとうございましたm(._.)m

&本日のコーディネート。上田さんが勝村さんを好きすぎる(´Д`)

17.04.01(土)【GSA】パーソナルトレーニング(加圧0.5h):上田さん
「身体がいい感じに絞れてきてますね!」

と言っていただくも、ついまた、歓送迎会シーズンで鈍化が……といらんことを言ってしまう。

「意味がわからないです。」
「後ろから羽交い締めにされて椅子にムリヤリ拘束されて鼻と口にフック引っかけられて『やめろぉーーー!』言ってるのにギリギリギリ……ギリギリギリ……ってこじ開けられて口にじょうごをツッコまれて灯油入れるときみたいにシュゴシュゴ酒をいれられるならわかりますけどね!! ちなみにシュゴシュゴやるのは交代制ですよ! 人力で疲れますからね!!」

と実演交えて力説されてめんどk……ぃゃ……
ぁー、それですそれ!! めっちゃツラかったです!

「うわーそれは大変でしたね!
動画見せられたら納得しますよ!」

言われてやっぱりめんどk……もとい、ごもっともで。
出来るようになったことは多い。2年前に比べたら今の自分は隔世の感。完全に別人だし、会社で『ストイック』言われることが増えた。私に縁のない言葉だったよな……。
でも先を見たとき、目指すところに比べたら、何してんのかなってレベル。とはいえ少しずつ模索してコツが掴めてきてるので、だんだん楽に出来ることが増える、はず。“こういうシチュエーションに弱いから気をつけて回避しよう”とか。
そういう考え方も、前は出来なかったからなぁ……少しずつ心も頭も変わってるんだろ。変わった心と頭でないと、出来ないことがあるんだと思う。螺旋階段を登るように、少しずつ。

上田さんが金に任せて新しく娶った嫁、ヘルシオグリエたんのお話。
最新の技術は凄いな。スチームによる高温調理でパンすらもふっくら柔らかに“焼きあげる”らしい。焦げ目もつく、と。スチームなのに。蒸すのと違うのか? まったく意味がわからない。
複数調理も可能で表面温度を計測して低いところにスチームを集中的にあてるなど細やかな配慮も見せるとか。いい嫁。

「グリエたんがいたらもうあとは要らないです!」
「グリエたんと一生生きていきます!」
「今日はグリエたんでバナナ焼いてハァハァするんです!!」

へー。庫内は調理中、見えるんですか? つい見ちゃいそうですね。

とうっかり口にしたとこから上田家の今晩の睦言(予定)を聞かされるハメに……

「“ぜんぶ見えちゃうよ?”とか“この角度からじゃ丸見えだよ?”とか。」

家でやってください orz

あー、真面目な話もした。

「試合に出るならまずはとにかくフィジカルです。」

ふむ。納得します。
が、フィジカルの定義ってなんですかね? 筋力と持久力……敏捷性?

「筋力と持久力と加速度ですね。」

ほぅ? 加速度……過去の座学で何度か話に上がったことがある。
しかしそれはどうやったら鍛えられるんだろ?
て話から真面目にトレーニングな話。なるほどなるほど……。
敏捷度と加速度は違います? 違うならトレーニング方法も異なります?

「敏捷度は、加速度プラス操作性ですね。」

ほぅほぅ!! おもしろい……
んー当面は、自主トレのみでも充分、強くなれるんだろな。10月末まではあんまりクラス参加に時間割けない。コツコツと隙間時間でフィジカル鍛えられたらいいな。動かないとほんと脳みそおかしくなる。

17.04.01(土)【GSA】MMAグループトレーニング部:上田さん
いつものお仲間さんが参加してくださることに。めっちゃ嬉しいっ”(*>ω<)o”クーーッ
お題は、上田さんの過去の試合の解説をお願いします! で、その中の技を実技交えつつ教えていただく。
まずは剛さん。そしてシンタさん、坂野さん、うっちーさん。
どれも、このとき何を考えてたか、をつまびらかに教えてくださるので面白くて仕方ない。
剛さんのどんなところを強く感じたか、は聞いて頷いた。そう多くは観てないが、剛さんの試合で観る動きだな。どれだけの練習の裏打ちがあるんだろ……凄いや。やっぱ、剛さんは。

シンタさんの強さも。上田さんが今でも思い出すっていう途中でやっちゃったミス。あれを誘発させたのはシンタさんの動きだったんだろな。
坂野さんの試合で前から聞いてみたかったのが、解説の剛さんが言ってる『アームロックの対処』って何を指してるのか。教えていただいて唸る。高度だー……言われないとわからなくて、見過ごしてしまう。総合格闘技をやり抜いてる人じゃないとわからないな。
うっちーさんの試合は1ラウンドから観たかったよなー。動画が短い…… ただ、上田さんの出してる鼻血見ると、うっちーさんの打撃は凄かったのだろなと想像はつく。上田さんが血を出してるとこ、この試合以外で見た記憶がないものなぁ……。第2ラウンドでもクリーンヒットしてる。
あとは上田さんがチャンピオンズに言いたい放題言われてることに笑う。剛さんに『なんか、気持ち悪いですね。』って本気で言われちゃってるのとか、盛一郎さんに『上田さんから、バク転、あんまやらないでって言われてるんで。』の“バラしちゃうんだ!?”とか。
前にも解説お願いしたことあるし2度目なんだけど、何回聞いても面白いや。1回じゃ話しきれないことがあるのだろし、私自身もすこーーーしずつ、成長してるから理解度も上がってるんだと思う。
そろそろ次のZSTも近付いてきてる。楽しみだな。どんな大会か。

17.04.01(土)【GSA】初心者MMA:上田さん
入会すぐの方が参加。前に体験いらしたときにご一緒したな。少し年配のシステム屋さん。でけぇ。

シャドウで
「ミドルに体重が乗るようになりましたね!」
と言っていただく。そうなのですか? 自分じゃよくわからない。そうなのか。
でも戻しが出来ません。
「エアーで戻しは難しいです。筋力が相当必要なので、シャドウではいいです。」
なるほど。であれば昨年の夏休みに教わったことを思い出す。むしろシャドウで意識すべきは蹴り抜くことかな。練習内容によって意識も変えねば。なんのためにこの練習をやるのか。
参加回数少ないんだから吸収効率上げたいよな。

対人練習。
デカい方に「お手柔らかに」言われて、それは違う、と思わず言う。多少私の方が経験あったとしても、男女の筋力の差、骨格の差の前には無意味だ。つか、むしろ私は中途半端によい動きが出来るが身を守る力が欠けてる分、逆に危ないのだ。
この方、ざっと軽く見ても私より肩の位置が15cmは高い。腕の長さも10cmは違うか? つまりその分、私の打撃は届かないし、上から振り下ろされるパンチは筋力差以上の破壊力を生む。筋力と骨格の小ささは、壊れやすさに比例する。

あなたにとって何気ない打撃でも、骨格の小さな女性にとって充分な脅威であることは、覚えておいてください。

と練習しながら思わずガチで言う。物理法則に照らし合わせてわかっていただけたように思う。あとは私が自分のコントロールをすることだ。この方の配慮をありがたく大切に受けつつ、この方の防衛本能を刺激せずに、どうよい練習をするか。
なんてのを初回参加の方にガチで言うのがいいのか悪いのかよくわからない。私が過敏か?とも思うのだが、だって怖いんだもん。柔らかく言ったら「またまたご謙遜を」とか真に受けてもらえなさそうな気がする。もっといい表現があるんだろうか?
と、悩みつつもいつもの方と練習しつつ思う。この方の場合、デカいのだが何をやられても怖くない。いつも笑い転げるのだが、いつもよい練習をさせていただく。そして勉強になるし楽しい。私自身もそう感じさせられる人間になりたいものだな。んー、GSAの会員さんで1番、頭を使って対人練習されてる方だと感じる。この違いは、余裕の有無なのかな。
上田さんは今日もまた。なんだこれはぁーーー!? うーん、スーパーマリオの水の面でクラゲの中ボスが居たらこんな感じだろなって動き。身体能力の高さを遺憾なく発揮したくねり具合。ほんとに骨あるんだろか? 剛さんじゃなくても『気持ち悪い』思うぞ。そしてほんと、人をイラッとさせる天才だな! 私が悔しがれば悔しがるほど実に楽しそーだ!! わかってるけど悔しいーーー。
しかしあのクラゲな動きは秀逸だ。動画撮ればよかった!! くっそぉーーー悔しいよぅーーーこれはいつか攻略したいっっ。見た目以上にクセはしっかり限定されてるはずなのだ。うまく分析できてないだけで……どーするかな……。
それにしても……なんだろな、イラッとするのに気になって目が離せないのは。天才的すぎる。なんだ、このスキルは。

終了後、いつもの方と春雨。グループトレーニング参加してくださったのが嬉しくてやりたいこととか聞いてみたかった。やはり改めてお話するのは面白い。やっぱ寝技やりたいですよねぇ……
あとから気付いた。ある事柄に対してそれぞれが感じたこと。この方は「筋トレはじめフィジカル」で私は「食事、もしくは練習量」だった。あれは綺麗に、”自分自身が強化したい or 足らないと思っている練習内容”を投影してるんじゃないかな。なるほどねぃ…… わかっちゃいたが、私はそこまで自分の食事と練習量を気にしてたのね。だったら、改善して自家製ストレスを軽減したいよなぁ……
自己認識は面白いな。意外と自分のことは自分じゃわからない。この方も1年半で相当お強くなられた感じがするのだが、ご自身じゃ半信半疑。私もそうか。
それを確かめるために、試合に出たくなるってのもあるんだろなぁ……
よりよい練習って、なんだろな? 考えて工夫するのが面白い。

果物買って、明日はお出かけ。


「勝村さんに送って下さい!」
「なんで!? だいたい、なんて送るんですか?」
「『チェンジ!!』って。」
えええええ……ひとのとこのボスを巻き込まないでくださいよ……
勝村さんは華麗にスルー。正解(*ノノ)

[Facebook記事]