s/o 渡部さん

見所解説 17.08.13 Gladiatorバンタム級タイトルマッチ

クラスの合間にいつもの方とプロレストーク。気付けば部活ネタがここでひとつ展開できた。
リアルジャパンプロレスから何から……スーパーライダーさんの動画!! おおお……デカくて迫力……すっげーハイキック!!! 一撃ノックアウト!!!
続きを読む

格闘技スキルを活かす実例

お会いして早々に飯盛さんが目を丸くして笑ってくださる。

17.06.10(土)【中野坂上】10FRESH:飯盛さん
「くれさん、デカくなりましたね!」

くぁーーーマジですかっ!!

「1ヶ月前と全然違いますよ。」

ちなみにどの辺が?

「全部ですけどね……肩、腕、あと特にふくらはぎとか下半身も。」

喜びの余り、思わず拳を握る。ぐぐっと変形する前腕の波打ち方に目を細める。
現役の格闘家の方、しかもあんな首が太い方に言っていただけるなんて喜びもひとしおだ。

そんなおしゃべりしながらシャワー台にいざなわれて背もたれが倒される。
これで3回目か。初めてお会いした時から初めてお会いした気はしなかったけど、3回目ともなるともう条件反射で力が抜ける。あっという間に顔がでろでろに崩壊した。他人様に見せられない。

今日は初めて、お店1番メニューの頭健ヘッドスパをお願いしてた。濡らすタイプのマッサージも初めて。
まずはオイルを使って頭皮をじーーーっくりほぐされる。うあ……これはたまらん……もったいなくて寝たくないのにとろける……寝不足で来ちゃだめだ……
シャンプーは2種類。泡が立たないミルクシャンプーなんてのもあるんだ。それにしてもなんでこんな気持ちいいんだ……飯盛さんの手、誘眠剤出てないか、これ……絶対ヤバい物質出てるぞ……
夢うつつで自分が起きてるのか寝てるのかよくわからない……
トリートメントも施されて……

思考能力ゼロのところで頭をそっともたげられる。う、終わりかな? よだれ出てない?と口元を気にしたところで、首と肩がじんわりと程よい熱気で包まれる。こ、これは……ここにきての蒸しタオル……ズルい、それ……
さらに蒸しタオル越しに飯盛さんの手が優しく力強く頭を包み込んでくれる。

不思議な手だ。美容院でシャンプーしてもらったことはたくさんある。気持ちいいのは知ってる。でもここまでじゃない。

蒸しタオルはこれで終わりかと思いきや、さらにそこに……えええこんなんありですか。うわーこれは気持ちいい……
全身の力が抜ける。
格闘技を始める前はいろんなマッサージに行っていたけど、ここまで気持ちいいのってなかなか思いつかない。
足だけのリフレクソロジーは気持ちいいけど全身やってもらえないのが不満だった。
飯盛さんのとこの頭健マッサージは頭と首、肩、顔だけで、全身とろけるのが凄い。過去に受けたどのマッサージよりも私の全身脱力具合は早さも度合いも随一だ。

顔のリフトアップされつつ思う。
いろんな技法が集約されてるんだろなぁ。アーユルヴェーダも取り入れてるってお話だった。飯盛さんがいいって思うもの、片っ端から突っ込んでったんだろなぁ。貪欲だ。格闘家っぽい。
人前に闘いに行ける人が本気で人を癒そうとするとこうなるんだなー。
安心して身をゆだねられるのは、闘ったり傷ついたり傷つけたりを知ったうえで、コントロールしてる人だからだと思う。
格闘技で培ったスキル、心身の在り方って、いろーーーんな活かし方があるものだ。面白い。

今日はお店もお忙しそうだ! 早々に退散。
でも、クラスに来てくださった渡部さんが凄かったんです!!ってお話はちゃっかりしていく。
あれは不思議な体験だった。どんな上手い方でも、バック狙われるのくらいは察知できて、”ああやっぱり取られた”って思うものなのに。渡部さんがバック取りに来るのはわかってたから、どんな取り方するのか、身をもって観察するんだーって思ってたのに。
気付いたら取られてるってあんなんありなんですね。
飯盛さんが

「もうあれは達人ですよね。」

と仰る。ですねぇ。もう無形文化遺産登録を狙う域。卓越された技術は芸術だ。
8月の試合が楽しみだ。

飯盛さんの試合も楽しみにしてたのだが、相手が見つからないかも?
男性でもノーギでの試合は難しいのだな。

「ダイエットで終わるかもしれません。」
「あと3㎏なんで決まったら前日水抜きでいいかなって。」

さらっと言えるそれが凄い。締まったけど、ハードなお仕事も難なくこなすその身体。
お仕事と格闘技。両方あるから、そんな素敵な在り方なのでしょうね。私の目指したいスタイルだな。なので触れたくなって来てしまう。

頭皮も柔らかくなり、脳みそからも余計な何かが抜け出た気分。
今日もたくさん元気いただいた!
ガッツリ動くぞぉ!

[Facebook記事]

リングの外での逆転劇

「こんばんはー」

ここで聞く久々の声に、テンションが上がる。いらしたぁーーー! 渡部さん!!

17.06.03(土)【GSA】初心者MMA:上田さん,渡部さん
前に渡部さんがいらしたのは……1年以上前になるのかな? うわぁ。嬉しいなぁっ。
準備運動の際のテディベアのような佇まいをこっそりチェック。うぅ、渡部さんだなぁ……! そしてマット運動の安定感……スローモーションのような動きに目を奪われる。筋肉あって慣れてないとあんな動き出来ないぞ。すげぇ。

そして今日は渡部さんいらしてるので特別メニュー。寝技でスパー多めにしましょう、と! ひゃほー”(*>ω<)o”クーーッ
最初に技術練習でクローズドガードのパスガードを。これは初めて見たかも……こんなやり方あるんだな。
そして極め技・絞め技なし、パスガードのみのシチュエーションスパー。そして極め・絞めありの普通のグラップリングスパーへ。

渡部さんが相手してくださる。
スパー中にお話に花が咲く。
そういえば寺本さんと仲良しですね!?

「前にカナダ行ったときに同じ部屋になったんですよ。それ以来ですね。」

へぇぇそんなことが! 何泊ですか?

「5泊です。」

うあーそれは仲良くなっちゃいますねっ。しかもおふたりともお優しくて温かいから……目に浮かぶようです。その部屋は居心地良くてめっちゃ楽しそうだっ。

なんて話してたら気付いたらバック取られてる!?!? 気を付けてたのに何されたか覚えてない!!

渡部さんに笑われる。

しかもこれ4の字まで取られてるじゃないですかっ。
飯盛さんが”ポジション取られるだけでタップしちゃう”って言ってたヤツ!! ああっ喜んでる場合じゃないけどこれがアレですか!ってテンション上がっちゃいますね!!

「まだ締めてないですけどね。」

はい、ですね。私じゃ締められたらタップも間に合わずに上から下からなんか出ると思います。

だよなー……体格差も大きいし、ほんとは重く感じて当たり前。なのに重量感は感じてるのに重くない。ものすごく丁寧に手加減していたいだいてるぞ、これ。
途中で教わったばかりのパスガード挑戦のチャンスを数回作ってくださった。いずれももたついたのでされてくださらずに流れた。うぅ、すげー勉強になる……復習しなきゃ orz

そんなにバックポジション取れてキープできるって、やっぱり相当、練習されたんですか?

「いや、そうでもないんです。なんか取れて、得意で練習して磨きがかかった感じで。」

天性ですかぁー……そこに、努力をふんだんに上乗せ。そりゃお強いよなぁ……すげーやー……。

上田さんからはサイドポジションの抑え込み復習。まだ細かいところが怪しいのだな、たまにこうして丁寧にチェックしていただくのはすごくいい復習……

「いいですね!」

最後はそう言っていただけて、他の方のスパーでも狙って成功率はそこそこでキープできた。抑え込んで少し休憩……うし。

なのだが、

「そこから肩固め行けますね!」

言われて挑戦するも、これが……なかっなか、極まらない……肩固めがちょー苦手……それこそ、盛一郎さんにも、上田さんにも教えていただいてるのになぁ、この技。
最後の最後で時間をかけて狙うもどうにも極まらず、真綿で首を絞めるようなかけ方しかできない。上田さんがその状態から指示出ししてくださるのに、まったくうまく行かない。私のほうが息も絶え絶え。タイムアップで終わったときは、どっちがかけられてたんだかわからないくらいの疲労困憊……あかん、下手すぎる……orz

T氏はクローズドガードをかついでパス傾向があったので、三角絞めを狙ってみた。が、これまたうまくかからず。下手すぎる……三角も苦手なんだよな……ならば違う技に展開するのもアリだったのに。
サイドポジションである程度抑え込めたのと、バックを取れたのはよかったが、うーん、どうにも極め・絞めが雑でダメだな。
そんなT氏は本日、ポジティモンスターTシャツ ZST.56版を着用。人が着てるの初めて見た。
打撃練習では執拗なボディ打ちを誘発させる呪いのアイテム。寝技練習でもそのポテンシャルを如何なく発揮してみせた。
スパー中に隣からT氏の苦悶の悲鳴が聞こえるので目をやると、渡部さんにバック取られて4の字ロックもされたT氏の腹が、私めがけてサムアップしとる……!! 爆笑。サイドポジションで抑え込み中なのにうっかり緩みそうになる。危ない! あーもうこれめっちゃ写真撮りたいんですけど!
すげーな、このTシャツの笑いの持って行き方。

いつもの方とは、打撃練習のときの遊び心と余裕を一切抜きで。おおおすごい勢いで抑え込まれそうになる……! と必死ですり抜ける。体格差を活かしてなんとか隙間を見つけてはこじ開けて抜ける! けどすぐ捕まる。うぅぅ……のでまた抜ける! な応酬。バックを狙ってチョークを試みるも数回失敗。やっぱあかんー、足がフックできなくて固定できないのが厳しい。足が短いっ。
双方決め手に欠けてタイムアップ。

「回転体でしたね。」

ああ、最後に背中の上でくるくる回られたのは厳しかったです……

……じゃなく? え? 私??

上田さんから”回転体”って単語に関する解説が入る。
UWFの? 田村潔さんという方が? UWFからRINGSへ、そしてさらにその先にZSTがあり?

「……というわけで、回転体と言われたら即座に誉め言葉と理解して”ありがとうございます!”と言えるようにならないとダメですね!」

と9割7分が最高級の誉め言葉で形成されたダメ出しをいただいた。うはーーーー!!
しかもあれですね、その”回転体”ってZST.54で盛一郎さんと上田さんのグラップリングの試合で使われていた形容詞!! あんな雰囲気のことが、できていたってことですかぁっ!!! やべー……これは嬉しい……(*☻-☻*)
グラップリング最高ですやんー……楽しかったよぅ(*ノノ)

終了後、ストレッチしつつ渡部さんや皆様とお話。
今日、クラスにいらしてた方がリアルタイムで渡部さんのお父様の試合をご覧になっていたと! 興奮気味に渡部さんとお話してる姿とその内容に興味津々。知らないことがたくさんある。もっともっと動画も観たいなぁ……知りたいことたくさんだよー嬉しくて困るよーー。
それから渡部さんのこれからのお話。うあーご本人にこんな感じに直接質問できてリアルにお話を聞けるって最高だなぁ……! プロな方ならではの悩みってあるよな。大変だな。でもでも楽しみだなっ。んんんー……また試合が観たいっ。

お片付けして、みんなで春雨。最後の加圧トレーニングを終了されたおふたりも合流。
なのでメンバーは上田さん、渡部さん、LINEスタンプな方にいつもの方にT氏。面白いメンツだ。今日も丼に表れる個性。上田さんが一番大量のトッピングでデカ丼。渡部さんはなんと春雨アレルギーだそうで(!)ご飯、小さめ丼。LINEスタンプの方はバランス取れつつ上のチーズが美味しそう。私食べたことないんだよな、今度やってみよう。T氏といつもの方は肉が多めの地味目な色合い。私はバランスよく多め、かな? 最近、サツマイモが欠かせない。
食べながらの雑談が面白くて仕方ない。上田さんと渡部さんの悩みと、“闇”だか“病み”だかの濃厚さに笑う。あ、笑っていいヤツですよね?
おふたりの会話に耳を傾ける。そうかぁ、こんなふうに上田さんが少しずつ渡部さんを洗脳して、そして渡部さんの身体はこんななったんだなぁと垣間見る。
LINEスタンプな方の上田さんへの真っ当なツッコミが冴えまくる。それが出来るのはきっと同類な証拠。えーと、いい意味で。そして腹筋の強さと二の腕の美しさが、イイ。
上田さんと渡部さんの身体の大きさと丼の大きさの対比が面白くてLINEスタンプな方をつつき、指で示して笑う。
また出来たらいいですね。春雨パーティー。

上田さんの、トッピングてんこ盛りデカ丼を眺める。
あのトッピングには今日の加圧トレーニングでしたトークのお代と追加オプション代の一括払いが入ってる。……はずだったのに。どうも、おかしい。なんだろ、この変な感じは。
ふと脳内でそろばんが動く。あれ? …………あ、そういうこと?

えっ。

…………えええ? これはすげー綺麗な、見事な等価交換……マジか。
え、てことは、もしや? アレの対価にそんな値がつきますか。それに……えっ。
……律儀だなぁ……これは綺麗で見事すぎる。これは……えええマジか。してやられた。

この方から買ったもの……どれもこれも支払額以上のリターンばかりだった。この間のZST.56ですらも。むしろあれは私にとっては3本の指に入るくらいにリターンがデカい。なのに……それはそうか。この方も。あの方たちも。……たまらんな。もう。

どうやら、一発逆転の格闘家は、リングの外でも鮮やかに盤面をひっくり返してみせるらしい。気付いたら、綺麗に華麗に鮮やかに、してやられていた。
白旗だ。ここまでされたらありがたく受け取ってネタにせざるを得ない。これだから、やめられない。

太客、上等。
上田さんが用意してくださった、頭がおかしな追加オプションな対価。
楽しみだ。期待してる。

[Facebook記事]

観戦 FightingNexus Vol.9 マジカルチョーク2 & 神がかり的な延長ラウンド

FACEにも通いなれたけど歌舞伎町はやっぱりドキドキだ。

17.05.21(日)【観戦】FightingNexus Vol.9@新宿FACE
FightingNexusを観に来るのは2回目。これまでここではZSTとJEWELSを観たけど、どちらともまた違ってそれを感じるのが面白い。
FightingNexusの大きな特色がジュニアの試合が積極的に組まれていることだ。第1,2試合、トリプルメインイベントの第1試合がジュニアの試合。どの方もちゃんとMMAだった。メインイベントに出られた小松優花さん。リアルにうちの娘と同い年で、女子格する人してもさながら、つい母親的心境で見守ってしまう。年齢が幼いうちにMMAやることの影響を考えつつも、あそこまで磨き上げた技術が危険なく如何なく発揮されてほしいとも願う。小松さんも、伊集さんも、素敵だったな。リングを降りられた後も、思わず目が追ってしまった。準備をし、たくさんの方に支えられ、あの上に立ち、降りてきた。偉業だ。私には想像するしかない景色を観て、たくさんの経験を、あの方たちは積んでいる。尊敬する。一方で、まだ中学生で……ご自身の中でたくさんの経験が軋轢なく融合されますように。これからも大きな怪我がありませんように。願う。

オトナの試合も、いきなりの秒殺KOに衝撃受けたり、階級も軽量級から中重量級まで幅広くて見ごたえがある。
まだ存じあげない選手の方々が多いのだけど、やはりどの方もたくさんの想いと時間をかけてあそこに立たれるのだ。どの試合も見入る。20試合見ると脳みそぱんぱん(o_o)
第4試合の餅さん! 3月のSWATで試合を拝見した! なんとなーく粘り強い印象(明らかにリングネームの影響)なのだが、荒々しい。首相撲からの膝蹴りがエグい。お相手の佃さんの顔面に入った瞬間見ちゃった。おおお……。最後は両腕制圧してのパウンド。鉄槌で削ってからのアームロック。すっげーねじってた! 激しー!

で、思わずドキドキして居住まいを正しちゃうのが第11試合、トリプルメインイベントの第3試合、だ!!
MMA5分2R(延長1R)バンタム級61.2kg契約
渡部修斗(ストライプル新百合ヶ丘) vs 一休ミそうじゅん(フリー)
FightingNexusは自由席。どこに座ったものか戸惑い、”隅っこで荷物が置きやすそうでいいな”と座って気づけば赤コーナー花道の階段脇。入場してくる渡部さんを間近で見上げる形になった。うっはーーー(*☻-☻*) うん、デカい!! 身体がめっちゃいい状態じゃないですかっ!? 迫力もオーラも違うっ。
で、試合開始して……
……うん、いやあれは、私でも言うわ……

ダメでしょぉーーーーー!?(*ノノ)

なんですかあの強さ!? 開始早々に気付いたらもう渡部さんがフロントチョークの形で抱きかかえててそのままテイクダウンして極めてしまった。えええええ笑っちゃうよ、なんですかあの強さ!!!(2回目)
24秒、ですか……マジカルチョーク2。唖然呆然。
トラウマ、だったですか。ほんの数年前にそんな経験をされて、そこからここまで来たですか。積み上げた練習と、磨き上げたその意識と身体 、くぐってきた修羅場の数……ぜんぶが渡部さんの意思で作り上げたモノなのですねぇ。これが渡部さんですか……すげーや。
トラウマを払拭する機会、巡りあわせを掴んだのも、強さですね。これでますます、強くなったですね。
マイクでGLADIATORタイトルマッチをご所望。櫻井代表もリングに上がり、よさげな感触。ベルトに一歩、近づいた、ですか……! 8月13日が和歌山のGLADIATOR大会。どうなるか?

リングの上と下で、渡部さん、お仲間さんたちがはしゃぐ。緊張取れた渡部さんの可愛らしいピースサイン。あの強さであの可愛らしさって。もうーーーあの光景、いいなぁっ。見てると嬉しくなる。写真撮り損ねたのが悔しい。

花道を帰ってくる渡部さんがこちらに気付いてくださった。満面の笑みで、手を差し出してくださる。マジですか、いいんですか。

握手。

あのリングの上で、マジカルチョークを繰り出したばかりの手と。オープンフィンガーの、グローブの感触。
この手で、どれだけの練習をしてきたことだろう。どれだけの……

勇気をもらう。私も、やりたいことがある。
こわいことに真正面から立ち向かって粉砕してみせた渡部さん。だから、勇気がもらえる。
がんばるんだ。私も。

渡部さんはこれでさらにパワーアップされたことだろう。今回の景色は想像以上だった。更なる新しい景色を楽しみにしてる。

興奮冷めやらぬまま第13試合。
MMA5分2R (延長1R) バンタム級61.2kg契約
房野哲也(リベルダージ) vs 木曽まゆ(超人クラブ)
てつさんの試合を観るのは2回目! また観られたのが嬉しい(*ノノ)
てつさんの入場、歌舞いてる……またカッチョいいなぁ……! オトナだから出せる味わい。
試合展開はずいぶん厳しいものだった。見てるとお相撲さんの取り組みを思い出す。あの下半身の安定具合。
てつさんもお相手の木曽さんもフィジカル強いなぁ。互いの身体を簡単に持ち上げられちゃって制圧が難しそう。
判定の結果、延長にもつれ込む。とはいえ、微妙に、てつさん劣勢? いやぁぁどうなるの!?
延長戦になると一段と客席の熱がこもる。てつさんへの熱烈な声援、激。それに応えるかのようにてつさんの動きが変わる。えええなんですかめっちゃ強いやないですか……! 私の目からでも明らかにわかる。これはてつさん、完全に取ったよ!!
終了後、あまりの展開に木曽さんがめっちゃ悔しそうになさっている。あああ……
強い。なんですか、あれ。また感動させられちゃったやないですか。
マイクで、「紹介したい人たちがいる」と。招かれたのはWRESTLE-1の選手の方々。あ、お見掛けしたことある方がいる! 6月11日が次回大会、ですかね? それとグレート・カブキさんの奥さまも。ちゃんこ屋さんをなさってて、いろんな秘話が聞けたり。楽しそうですねぇ。
これまたリングの上下でお仲間さんたちとはしゃぐ。なんでしょう。あの下からの写真の撮りまくり、完全にあそこだけ地下アイドル歌手の写真撮影会になっとる。ファンに当たる方々も漏れなくマッチョなのがなんか可笑しすぎる。これまた写真撮り損ねたのが悔しい。
てつさんもたくさん、紹介したい人が、お仲間さんが、いるですねぇ……。

その後の試合も見守る。
最後2試合の展開に息を呑む。マッチメイクの難しさを考える……実力差があったんじゃないかな……難しいのだろうな。階級が同じで、本当に実力が拮抗している選手の方がふたり、そこに立つというのは。
リングの上に歩いて向かって立ち、そこから歩いて立って帰ってくる。
“たったそれだけ”が、きっとものすごく難しい。
選手の方々の努力と技術。セコンドの方々のサポート。大会運営の方々の想いと配慮。
そういうのが幾重にも絡み合って、こうして観客席から息を呑みつつも安心して試合を観ることができる。
今日も、感謝だな。たくさんの試合を見せていただいたことに。どの方も輝いてた。

写真の撮れなさ、出来の悪さに我ながら引く。とはいえ、地下アイドルファン的な方々がたくさん撮ってそう。
ので、私の席からっぽく撮れたヤツを2枚だけ。


リングに上がる直前の渡部さん。祈る。


花道に現れたてつさん!

[Facebook記事]

【Trailer】 Fighting NEXUS vol.9!! 渡部 修斗 vs 一休ミそうじゅん Shooto Watanabe vs HitoyasumiSojun

最近の渡部さんの”圧倒的な強さ”を表するあの名言

「ダメだろ!」

がお仲間の方の口から生まれたのは、昨年11月の FightingNexus Vol.8だった。改めてあの時の試合動画をチェック。

強い。強すぎ。
確かにアレは強すぎてダメなヤツ。

でも今回のお相手はお強そう。因縁……トラウマもある。
渡部さんにチケットをお願いした際に

今回は”ダメだろ”言われなさそうなお相手ですね

と何気なくお伝えしたら

『いや、ダメだろ!言わせる試合します(笑)』

とお返事いただいて、カ……ッコええ……!!とワクワクした。また圧倒的な強さを見せつけますか。気合充分。

渡部さんの印象といえば。
お優しく、可愛らしいものが好き。スィーツが好き。
試合観戦は『怖いから』(!)と一番遠い席を望まれる。

そんな面はそのままに、上乗せしてある一面が強くなった。
渡部さんの言動は日増しに”責任の自覚”が増してるように感じる。

“自負”。

自分はベルトを巻く人間だ、日本人初の親子2代で総合格闘技のチャンピオンになる人間だ。
自ら発するその言葉で自らの背中を強く押す。勢いはどんどん加速度を増す。

そしてその影響力をさらに増さんと渦をまく。
上田さんGSPケージ練習会。
開設されたブログの、トップバッターはなんと渡部さん。主催者の上田さんより先に。

ポジティブ? 格闘技部 | 自己紹介 渡部修斗
https://ameblo.jp/gsa-mma1/entry-12264516769.html

素敵な文章で思わず数回読んだ。なるほど、ポジ格部はそんな感じの場……
格闘技は個人戦。なのだが、最近、団体戦に見えだしてきた。リングの外に何人もの味方が……仲間が。応援する人が。

渡部さんは”景色を観たい”と望む人で、
“みんなに見せたい”と望む人。
その根底にあるのは感謝と恩返し。
それを世界に振りまく人。

あと10日。
5月21日(日) Fighting Nexus vol.9 新宿FACE。

渡部さんを通してしか観られない新しい景色を、楽しみにしてる。

[Facebook記事]

10FRESH ナイスガイのナイスなお店

3月20日のZST PRE STAGEとSWAT!の余韻に浸っていたころ、何やら記事に”いいね!”が6連続でされて、を?と思った。なんだろ嬉しいな……初めてお見かけする方……じゃ、ないぞ! これは……。
すぐにご連絡。お返事でいただいた

“PRE STAGEやSWAT!のことをいっぱい書いていただいてるのが嬉しくて”

の言葉に私が嬉しくなる。
……行っちゃう? 動画撮影で凝った首と肩が訴える。気持ちよさそう…… そしてこの方とお話したら、面白いお話し聞かせていただけそう! よい機会!!
“いいね!”に気付いて30分でお店に電話、予約も完了。”早いですね”と笑っていただけて助かる。ここまで行動早いと、いっそ不審者な自覚はある。

17.04.02(日)【中野坂上】10FRESH:飯盛さん

中野坂上に降りるのは初めてだ。Googleマップとにらめっこしつつ、慎重に方向を確かめ、よいところだなーと感じる。品のよい住宅街、買い物しやすそうなお店。駅から徒歩3分。方向さえ間違わなければ私でも着く。
お店の入り口に「90分待ち」のボードを見つける。やはり人気だなぁ。電話で予約したときもいっぱいで2週間先になったのだ。この立地にお店を構えられること。ヘッドスパに特化して、土日とはいえここまでの満席。凄いや。

お店に入ってすぐにめっちゃ優しい笑顔で挨拶してくださったのが、店長の飯盛さん! うわーー嬉しいっ。認識してくださった!
サイトに掲載されてる写真よりイケメンですね! しかもメガネですね!!

「初めてお会いした気がしないですね。」

と笑っていただいてまた嬉しい。Facebook読んでくださいましたものねぇ……あの長い日本語。
それにしても、ま……ったく、格闘家の方に見えない……。この方が人前で、殴る蹴る極める絞めるやるのか。この優しそうで物腰柔らかな方が。想像つかないや。

私が飯盛さんを知ったのは、昨年の終わりごろの上田さんクラウドファンディングを通して。あのクラウドファンディングにはとても注目してて自分なりに考えつつ推移をずっと見守っていた。なので開始して割りとすぐに支援された飯盛さんは印象深かった。

初期に支援をされる方は「上田さんを強く信頼している」「ビジネス面で評価している」人だと考えていた。飯盛さんは初期に支援、かつ、格闘技をされていて、お店も構えて店長をされている。どんな方だろう? どんなこと考えて支援されたのだろう?と興味津々だったのだ。
こんなふうにお邪魔できる機会が訪れるなんてなぁ……

お店を見渡す。居心地いい、綺麗な空間だなぁ……
白を基調として、グリーンがあしらわれている。あしらい方が独創的で素敵。手作りのメニュー。ひとつひとつ文言を考えられたのだろうなぁ、と感じるテーブルのあれこれ。
お客様は男性も女性もいて席がいっぱい。比率は半々? スタッフさんも男女いるように見受けられる。女性はもちろん、男性も居心地いい雰囲気だよなぁ。
飯盛さんが名刺をくださり、小さなポーチを手渡してくださる。

「貴重品はこちらに入れてお手元にどうぞ。」

と! おおお……親切!!
ふだん、美容院でスマホは手に持って剥き出しで置いてた。けど、こうしてポーチをお借りできると安心。あまり見ないサービスだよね? すごいなぁ……細やかなお心遣い。
そうか。そだよね。安心できないと、リラックスできないもんね。
ここに来る方がリラックスするために、って、たくさん考え抜かれたんだろなぁ……

施術は髪を濡らさないドライタイプのと、首・肩をお願いした。
まずは化粧水を髪と頭皮に。うわ、もうこれだけで気持ちいいんですけど。スッとして、染み込む感覚。爽やかな香り。毛穴が気持ちいい。
そして、いやもう……ヤバい……はじまってすぐに、ヨダレ垂れそうなった……気持ちよすぎる( *ノノ) これ、施術中の顔は絶対、他人様に見せられないヤツだ……なにされてもきもちいー……

最近、脳みそが回りすぎて少し困っていたのだ。もう少しペースダウンしたいのに空回りする。
でもこんなふうに施術されてると、頭皮ごと脳みその余計なモノがほぐされ抜け出るようで、なんかどーでもよくなってくる……難しいことが考えられない……

頭皮のマッサージのはずなのに、身体中のいろーんなところから力が抜ける。そうかぁ……こんなに力が入ってたかぁ。人の手って偉大だよねぇ。『手当て』って、よく言ったものだよなぁ……
もったいないから寝ないぞって決めてたけど、終盤、半分落ちた……orz

そっと声をかけてくださって目が覚める。首・肩をマッサージしていただきながらも、まだ頭がぼーっとする。そのまま、まどろんでいたい。

んー。なんだろなー。
格闘技始める前はリラクゼーション系のマッサージに行ってた。そこで頭皮マッサージも少しされたことある。飯盛さんはそれより繊細かつ大胆な感じがする。……格闘技に要求されること、そのままな気がするんだよねぇ……
うぁー見たい。こんなヘッドスパのメソッドを独自に編み出しちゃって人気店を経営されてる、飯盛さんの格闘技。どんななんだろ。

終了後、お時間をくださっていろいろおしゃべり。嬉しい。さすがに施術中におしゃべりはムリだった。
さっそく言ってくださったのが

「パンクラスは観に行かないんですか? マニアですね。」

で、思わず笑う。1回だけ、知ってる方を応援に行きました。が、断然、ZSTが多いですね。たぶんふつうはパンクラスですよね。これから増えるであろう女性ファンは、こういうタイプいると思うんですけどね。
私の場合は盛一郎さんから入って初めて観たのがZSTで。知ってる方が闘ってる姿を観るのが好きなのですよね。その人の人柄がリングの上で剥き出しになってるのを感じるのが好きで、そしてストーリーを描いて追って見るのが好き。私は環境に恵まれたのは多分にありますが、それを差っ引いてもZSTはそういう見方をしたときに一番楽しい団体なんじゃないかって思うのです。あんまり他を知らないけど。いやもうあんなに個性豊かで関わり合い方が素敵な方々がそろってるなんて。

そんな私の話を、飯盛さんが嬉しそうに頷きつつ、聞いてくださる。
飯盛さんは本っ当に、ZST、SWAT!がお好きなのだな。そうだよねぇ。飯盛さんもその中のおひとりだものな。最近は出てらっしゃらないようだけど、観たいよなぁ……

「上田さんの紹介で来られたんですよね?」

に、違いますよ、と答えて、そういや上田さんに飯盛さんのお話を聞くの忘れた、とビックリする。一応、来ることはお伝えしたのだが……あれ、ふだんいったい何を話してるんだ?(´・ω・`)

えーと、なので勝手に飯盛さんを検索して目を通してきました。

ZSTに出られてた、ですよね?と聞いたら、ZST本戦の前のSWAT!だった。本戦のお話も1度来たらしいけれど。マジですか。見たい……
そうそう、飯盛さんは ZST.44 で盛一郎さんがチャンピオンになった大会のときの ZST CHALLENGE に出てらした。現・茅ヶ崎K.R.E.W.所属の小柳津さんと対戦されてたのですよね! もうねぇっ今、あの ZST CHALLENGE と ZST の対戦表を見るとなんて大会を見逃してるんだろうと悶えますよっ。くぅーーーーー。あああ今からでもぜんぶ観たいぃぃぃぃぃ

飯盛さんからうかがう、飯盛さんが出てらしたころの SWAT!、ZST CHALLENGE のお話。
あの頃は特にバンタム級の黄金時代で、今、ZST本戦で活躍されてる方々が出て闘ってらした、と。そうかぁ、盛一郎さんもバンタム級で出てらしたのだよな! しかも、渡部さんと対戦されてる……なんてレアな……っ。うあーーークラクラするっ。観たいよーーーー今じゃ絶対観れないカード!!
そしてやはり実際に練習も出場も共にされた方の言葉は、イイっ(・∀・)~♪

「渡部さんはベルトを巻く人ですよね。見たいですね。」

断定形! もう決まりきった未来!! めっちゃ同意!! コーフンするっ(*ノノ)
やっぱ当時からお強かったんだろなぁー……ああああの頃から観たかったよなぁーーー
そしてもう、とにっかく、上田さんをベタ褒め(・m・*)

「上田さんはSWAT!のころから別格で、1つ上にいましたね。」
「上田さんの周りにはあの頃から人が集まるんですよ。輪の中心にいる人でしたね。」
「カリスマがありますよね。上田さんは。」
「とにかく凄い人です。」
「あれくらい寝技できたらいいんだけど。」

などなど。飯盛さん、めーっちゃいい顔で上田さんのお話をするなぁーー。お話ししてると笑顔が移る。

ほんと、そうですね!!と強く頷く。
だが、どうにも昨日の”水の中のクラゲ”な動きや、無精ひげ生やしてポジティブモンスターTシャツの真似をして手を振る姿が目の前にチラついて、カユい。くそぅ、花粉のような爽やかさだな、ほんとに。……ポジティブモンスターの割りに、褒められるのが苦手な方だよなぁ……あのTシャツだって大切にされるより虐げられる方を望んで見せるんだからドMだよなー。そんな方がこの場に居たら。飯盛さんのべた褒めを目の前で聞いたら。どんな顔するのか見たかった(・∀・)
本当に、素敵なお仲間の方々に囲まれてるのだな。飯盛さんとおしゃべりしてると嬉しくて仕方なくなる。

そーなんだよなー……
わかった。
飯盛さんは、イイものを”イイ!”と言ったり、好きなモノを”好き”と言うことに喜びを覚える方なのだな。躊躇がなくて、実に嬉しそう。
僭越ながら、そこが似てるのだ。私もそう。だから私がいきなりこんな訪れ方をしても警戒せずに素で喜んでくださるのだ。上田さんのクライアント、てのは大きいだろけど。
直接つながってない人間の記事に、ストレートにあんな”いいね”くださるのは、飯盛さんの素敵なとこだよなー。あれは嬉しかった。
素でそんなことしてくださるのは、飯盛さんの素敵なとこだ。ほんとに私の記事を、気に入ってくださったのだなー……この方の感性にひっかかれたとは、嬉しい。それはきっとなかなかのモノなはずで……

そー……
改めて店内を見渡す。ご自身が”イイ!”と思ったお気に入りだけを厳選して散りばめたのが、このお店だ。たぶん”イイ!”って感じる感覚が鋭い。その感覚に素直に忠実に従って、作り上げたのだろな、このお店。
私が居心地良く感じて気に入るのも当たり前だ。だってCHANGEに通じるもん。白を基調として、来る人が居心地良くなるように細かいところまで配慮して、勝村さんのお気に入りを厳選して散りばめて作り、勝村さんや盛一郎さんやスタッフさんたちがずーーっと磨き上げ、進化してるジム。フィルタは違えど、根っこにある想いは同じだ。
よい、素敵なお店だよなぁー……こんなん、好きだわーー……決まっとる。

……やっぱ、どう考えてもお仕事めっちゃ出来る方だな。そして、”イイ”って感じたからクラウドファンディングの支援が早かったんだろな。

「クラウドファンディングはうちに損はないし宣伝になるし応援したいと思ったんです。」
「でもあれは成立しないとリターンないんですね。まだかなーって思って待ってたらそういうことだったって。」

納得。そしてやはり仕事の顔になっていた。格闘技のときもあんな顔されるのかしら。
そう、そーなんですよね……あのクラウドファンディングは(リターンに価値が見いだせれば)支援する人にはまったく損がなかった。上田さん、そこまでやるのか?成立したらすげー大変じゃないか?と見てて心配になるくらい。
なのに当初伸び悩んだのは、仕組みが伝わりづらかった、てのもありますよねぇ……飯盛さんにも『成立しないとリターンがない』って基礎的なところが伝わってなかったのだったら。難しいですよね、あれは。面白いんだけど。

「またやって、成功してほしいですね。」

ですよね。
あれは他の格闘家の方々にとっても、ひとつ凄く大きな出来事になったはずなんです。
今後、他の方々がご自身で何か起こしたい、と考えたときに、資金集めや宣伝広告手段の選択肢のひとつとして、頭に浮かぶはずだから。元手がいらない、地方にいても関係ない、頭の使い方ひとつで如何様にでも展開できる、あのシステム。
身近な人があれを使った、自分もあれを使えるって、知らしめた。
そして困ったら先駆者の上田さんに相談もできる。
道を切り開いたって事実は、大きいですよ。
しかも、”上田さんが”、やった。テレビ出てる人、ベルト獲ってる人じゃない。自分たちと練習して奮闘してる格闘家が、やった。優れたほんの一握りの人のモノじゃないのだって説得力。
そして昨年暮れの経験を活かしたら、次にやるときに絶対に活きるはずで……もう一度、またクラウドファンディングに挑戦するならどうなるんだろう?って。見てみたい。今度はどんな試合設定をするんだろう? どんなストーリーを描くんだろう? それは格闘技とまた違った形の、でも同じくらい白熱する面白さなはずで……観たいよなぁ。
LINEスタンプもTシャツもそうだし、ああいう話があの方のところにもたらされたのは、それこそほんとに、上田さんの人徳ですよねぇ……
誰もが上田さんに、何かしたくなる。気になって仕方ない。台風の目ですよね。
格闘技そのままでいいんじゃないですかねぇ。いや、格闘技のスタイルの方をを変えるのもありだけど。
まぁなんか、どちらにしても、上田さんの好きなようにやれば、上田さんらしくあればただそれだけで、いろいろ面白い出来事がこれからも起こるのでしょう。やっぱり目が離せない。そして近くにいるとその余波と恩恵にあずかれて面白い。
ほんとに……私がまだ格闘技を始める前のあのころ。SWAT!バンタム級の黄金時代を肌身をもって知る方と、こんな楽しくおしゃべりできる時間をいただけるとは。あの頃をリアルに知ることが出来ない私にとって、リアルに感じるには最善最高の方法だ。そしてこの方の試合を観て応援するって新しい楽しみも得られた。
そして……こんなに脳みそがスッキリするとは。余計なモノがだいぶ飛んだ。力が抜けた。
今の私には、とてもとても、必要な時間だった気がする……ありがたいや……。

飯盛さんの施術とお人柄の効果はすぐに実感した。
真っ直ぐ帰る気になれず、Googleマップでチラッと見つけた本屋さんによって、ずっと欲しかったのになかなか買いに来れなかったゴン格さんを買えた。読みたい本を本屋に買いに行く、たったそれだけの自分のためのエネルギー出すのも、出来てなかったんだなって、目の前に置いた本見て思った。
珈琲飲みながら、見たかった記事に少しずつ目を通す。藤野さんと津田さんの記事。筋肉と水抜きのお話に胸が熱くなる。まだまだ強くなる藤野さん、サポート……というより率先して闘ってるなぁって感じる津田さん。いいなぁ……
それからストラッサーさん。相変わらず素敵な笑顔で……試合観たいなぁ……! 生で観るのは厳しいだろうけど。あのときお話しできたのは運がよかったし、嬉しかったなぁ……
あとあと渡部さん!! 和歌山、凄いな。なんだろこの熱気。…………観たいなぁ。感じたいなぁ。

手が伸びた。最近、書こうとしてた BUCKET LIST ……死ぬまでにやりたい、100個のリスト。
上手くかけてなかったリストに、するするっと手がのって書けた。書いた数個のリストはまじまじと読み直すととてもワクワクする楽しいことばかりで……
ああ、脳みそが軽くなったんだな、と、枠が少し取れたなって嬉しくなった。
飯盛さんと話してたことを思い出したら、意外と実現できるモノがありそうな気がしてきた。やっぱすげぇ。イイ影響力を、持ってる方だな。

飯盛さんのあの手技。
あのお店の居心地よい空間。
いいものを”イイ”ってストレートに躊躇なく表現する気持ちよさ。
ああいう方の影響受けると絶対、イイことある……しみじみと嬉しく、帰路についた。またお邪魔するんだ。

夜、ご丁寧に今日のご挨拶を下さった。土日のハードなお仕事を終えて、練習に向かわれた、と。文面から、格闘技する嬉しさと楽しさと、何より、喜びが伝わってくる。
……私が一方的にありがたい影響を受けた気がしていたけど、それだけじゃないのか。めちゃめちゃ嬉しいやないですか……orz
私と話してたら、格闘技がしたくなった、ですか。
格闘技好きとして、ZST好きとして、こんな嬉しいことない……あーもーめっちゃ嬉しい( *ノノ)
やっぱり観たいなっ。飯盛さんの試合。いつか見れますよーに。

メモをまとめ、写真を整理して気付く。
そういやこんだけ「イケメン」連呼しといて、飯盛さんを撮るの忘れた。
イケメンっぷりはサイトでチェック! メガネ男子っぷりはお店でチェック!!

そして遅ればせながら上田さんに質問。
上田さんから見て、飯盛さんはどんな方ですか?

“ナイスガイです!”

ソレだ!! 間違いない!! “イケメン”って単語じゃ拾いきれてない特質は、まさにソレ。
写真よりホンモノのほうがイケメンで、ナイスガイでした。試合もお店も要チェックですね!


中野坂上駅から徒歩3分、10FRESHさん。
「90」の数字は「満席なので予約なしの方は90分待ちです」の意味。ディズニーランド並み。


遠景はこんな。遠目からでも見るからによい雰囲気が漂ってました。


いただいた名刺と、貴重品を入れるためのポーチ。また、このポーチが可愛いし程よい大きさで、持ち手がついてて使いやすくて。


案内していただいたテーブルはこんな感じ。たくさんメニューがあったので他のも試してみたくなる。髪も頭皮も若返る感がハンパない。めぐりが物凄くよくなる感覚。


上にグリーンがたくさんあしらわれてるのです。椅子を倒して施術するから、お客さまの視界に入りやすいことを選んだんじゃないかと推測。外を通る方からの見た目もさながら、店の中にいるお客さまの視点で。とはいえ、施術中はガーゼを顔に乗せてるから、ほとんど目に入らないんですよ? でもリラックスし始めるとき、現実に戻るときに目にするのは……
もー、こんな意識でぜんぶをコーディネートされてるならば、そんなん絶対、居心地いいでしょぉーー。

[Facebook記事]