愛すべき日常

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

出がけに相方さんが緊急対応で捕まる。うむ、いつも通りだ。
みんな午後イチの打ち合わせはないから、ゆっくり行きましょうか。

■17.06.30(金)ランチ:相方さん&新しい相方さん

「で、久禮さんは何が食べたいんです?」

いやー、実はずっと気になってた、近くのワンタンメン屋さん行きたいんです。
送別ランチで食事を崩したついでに、食べたいモノ食べておこうかと。
それにふたりともジャンクな食べ物好きそうだからちょうどいいかなって。

何気で、この3人だけでランチは初めてじゃないか? すごい新鮮。3人で外を歩くだけで新鮮。

お店は並んでいて少し待つ。
『キャパは?』『回転率は悪くない』など偵察しながら待つ。外に出ているランチメニューを吟味。

やっ……べーーーー!!!
このワンタン、ちょーーーー美味いッ!?!? 餃子も!! むしろ餃子こそが!!!

「くれさん、染み渡ってますね!」

餃子って染み渡るんですね!!

「ラーメンに餃子なんて、誰かに怒られません?」

たぶん怒られるもさながら、蔑まれますね!! 明日、罵倒されてきます!!
釜石ラーメンといい、がんばった証にラーメンと餃子食べたくなるのが習性なのかしらね?

話題は夏期休暇のお話。海外に旅に出るそうだ。これからの旅の話。これまでの旅の話。
相方さんの行ってるところが特殊で目を丸くする。新しい相方さんは有給のやりくりに四苦八苦。

本当に他愛もない話しかしてない。
でも私は本当にそれこそが、したかった。
仕事してないときのふたりが垣間見れてすごく嬉しかった。

どうやら私はこのふたりが相当気に入っていて、本当に大好きらしい。
このふたりと仕事ができて、本当によかった。

私の大好きなショップのシステム。
このふたりに引き継いでもらえるなんて望外の喜び。
どうか無理ない範囲で。よろしくです。

あれだけ全員“美味しい!!”って感動しながら、全員好きなとこだけ食べて残す。
私は麺を7割残し、新しい相方さんは白飯を残し、相方さんは野菜とご飯を残し。
我が侭ですねえ。なのにハマってましたよね? イイ、チームでしたよね。

ありがとでした。私の我が侭に、付き合ってくれて。

[Facebook記事]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。